合格おめでとうございます!

  受験番号が載っていたみなさん

  合格おめでとうございます!

  ようこそ こちら側へ

  受験の日々が報われた喜びを

  じっくり味わってください

《 開業準備の土台固め 》 講座 ご案内

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとうの方 へ

ところで

合格して、みなさんが最初に持つ不安はなんでしょう

「社会保険労務士ってなんだろう?」

「私は社会保険労務士についてなにも知らない」という不安でしょうか?

「社会保険労務士の仕事はまったく経験ないけれど私にできるだろうか」

という不安もありますね。

でも、初めから社会保険労務士について知っている人はいません。

だれも最初から経験のある人はいません。初めはだれも未経験者なのです。

だからこういう心配はまったくご無用です。


そう言われても不安は残りますよね。

そこでこの不安を解消するため、これから一緒に、

「土台固め講座」でこの不安のもとをさぐって解消しましょう。

 

「土台固め講座」でどうやって不安を解消するのかと言いますと、まず

社会保険労務士になるには

どこから、何から、どの程度やればいいのか をお話しいたします


ところで、社会保険労務士は個人事業ですから仕事のやり方は人それぞれです。

とは言っても共通のものがあるはずです。社会保険労務士に共通の「土台」です。

「土台固め講座」では、社会保険労務士の「共通の土台」をお話しいたします。

 

土台とは、最近のことばで言うと「プラットフォーム」です。

土台固め講座で、みなさんにプラットフォームの図面をご提示いたします。

プラットフォームの図面で、

平面図 [初期の規模・仕事の間取り・出入口]と

側面図 [仕事の階層]をご覧いただきます。

皆さんはこの図面の上に、皆さんがそれぞれの事業計画を乗せて行くことができます。


この図面が最初に 「ある」「ない」 とでは、

開業スタートの勢いとスピードに、天と地の差 が出ます。

開業は自信を持って勢いよくスタートダッシュしましょう!

ぜひ「土台固め講座」へ参加してプラットフォームをつかんでください!

「自分で自分を社会保険労務士に仕立てる」

 奥田開業実践塾からのご提案です。

----------------------------------------------------------------------

「土台固め講座」は3回開催いたします 

開催日 11月17日、12月1日、12月8日

お申込み
   このホームページの「お申込」ページで次の3点をご記入の上、お送りください
       ここをクリック↑

   1)参加される日
 2)お名前
 3)メールアドレス 

181106c.jpg












「奥田開業実践塾」のご案内

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!! の方 へ

 

「土台固め講座」のあとに開業実践塾講座をご案内いたします

奥田開業実践塾は 

「自分で自分を社会保険労務士に仕立てる」

社会保険労務士-開業講座の中で唯一の「実践」講座です。

講座の中で、みなさんが自分で開業準備をしていきます。

奥田開業実践塾のキャッチフレーズは、だから

「自分で自分を社会保険労務士に仕立てる」です。

あなたが 自分で自分を社会保険労務士に仕立ててください。

 

奥田開業実践塾はこんな開業講座です

1.開業実践塾の開催期間

 作業時間は2週に1度の土曜日、全10回、1月から6か月かけます

 この速度はみなさんがしっかり身に着けて行くための最適な速度です

 

2.毎回の講座は3部構成です

   9:30 〜 12:00 午前講座 開業準備をいたします

     13:00 〜 16:00 午後講座 みなさんの知識を実践向けに加工します

     16:00 〜 17:00 体験談  塾生の先輩から開業前後の実体験を聴きます

  昼休憩をはさんで6.5時間の3部構成、アッという間に時間が流れます

 

.事務所見学からスタート

 社会保険労務士事務所の見学からスタート

 最初に社会保険労務士がどんな場所でやっているかイメージを入れます

 

4.自己アピールのツールをつくります

 社会保険労務士になったことを世間にしらせましょう

 

5.サービス商品を提案します

 サービスを用意して、提案をしましょう 

 

6.就業規則をつくります

 自分の就業規則を持って、初めて社会保険労務士になります

 

7.補助書類などを紹介

 仕事をする上で必要な補助書類をご紹介します

 

8.独立・自立・自律への切替え

 独立し、個人事業主への切り替えをしましょう

  

さらに事務指定講習の取り組み方を説明

 これから事務指定講習を受ける方へ

 事務指定講習へ取り組む方法をご紹介いたします

 

181108.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



「エイヤッ!と申込を決断してください」

ここまでで

「土台固め講座」と「奥田開業実践塾」を納得していただけましたか

 

ここまでは分かった、でも「申込はまだちょっとね・・・」ですか?

「ちょっとね」と、踏み切れない理由は?

あなたが奥田博と奥田開業実践塾を体験してないからです。

私から説明されればされるほど、ホント?と思ってしまう・・・

つまり、まだ奥田開業実践塾を信頼できないんです。

そりゃあそうです。私が一方的に説明しているだけですからね。

 

そこで、私の意見や考えだけでなく

これまでの修了生たちの感想「声」をアップいたしました。

これも奥田開業実践塾をヨイショしていて信用できない?

はい、確かにヨイショされています。

修了生へ感想文をお願いで「ヨイショはしなくていい」と伝えましたが、

やっぱりヨイショムードは入っています。

でも、これらの内容に嘘がないことも確かです。

 

できればみなさんの周りで当塾の修了生を見つけていただき、

その人から当塾のことを直接お聞きになっていただけると嬉しいですが、

普段に名札「奥田開業実践塾の修了生」を下げている人っていません。

でもさがしてみてください。

300人以上の修了生が日本全国にいるので案外近くにいると思います。


最後にひとこと「案ずるより産むがやすし」です。

この講座は痛く痒くもありません。

まずはエイヤッ!と決断して「土台固め講座」を体験してください。


参加して「役に立たない」「つまらない」と思ったら、

開業方法を別の方法に切り替えれば済みます。

ここから先は、みなさんの決断をお待ちしています。

----------------------------------------------------------------------

「土台固め講座」は3回開催いたします 

開催日 11月17日、12月1日、12月8日

お申込み
   このホームページの「お申込」ページで次の3点をご記入の上、お送りください
       ここをクリック↑

   1)参加される日
 2)お名前
 3)メールアドレス 


13期生の声1「奥田開業実践塾を振り返って」小野靖樹

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

2018年の受講生から感想文をいただきました。

これからどうしようか考えている方、迷っている方の参考になればうれしいです。

------------------------------------------------------------------------

「奥田開業実践塾を振り返って」        13期 小野靖樹

 

 私は社会保険労務士試験に合格後、勤務社労士(その他)として社労士会に登録しました。開業を目指していたので、開業する前に社労士としての知識をしっかり身につけておきたいと思い、社労士会が主催する講習会をかたっぱしから受講。社労士会以外の勉強会や研究会にも時間の許すかぎり参加しました。そうすることが開業への近道だと、その時は考えたのです。

 確かに知識はそれなりに身についていきました。しかし、そうなればなったで、新たに勉強をする必要が出てきます。あれも必要、これもやっておこうと、あちこち首を突っ込んでいるうちに、どんどん時間を費やすばかり。勉強すればするほど、開業のハードルが高く感じられるようになってしまいました。

 そこで、これではいけないと思い立ち、開業に必要なことを集中して身につけたいと考え、奥田開業実践塾の門をたたいた次第です。

 

 奥田塾の時間割は、午前9時半から午後5時までです。午前中は奥田先生が主に担当。毎回課題が設定され、プロフィールや自己アピールのまとめ、事務所案内の作成、目玉商品づくりなど、開業や事務所運営にかかわる事項を習得。午後からは各講師により、電子申請、HP活用、給与計算、年金、助成金申請といったテーマごとに、社労士の仕事に直結する内容を学びました。また、午後の最後の1時間、奥田塾のOB・OGの皆さまから、開業後の実践談を聴く時間が毎回設けられています。

 

 目玉商品づくりをすることで自分が担う業務の絞りこみができましたし、分かりやすい講義のおかげで給与計算や電子申請への苦手意識が和らぎました。プロフィールや自己アピールをあらためて書いてみて、自分を見つめ直すよい機会にもなりました。

 

奥田塾では、多くの知識、ノウハウを身につけさせていただきました。しかし、講座を通して得られたのは、知識やノウハウだけではありませんでした。何より貴重だったのは、講師の方々、奥田塾OB・OGの方々の実践に裏付けされた話を直接聴くことができたことだったと思っています。

 

講師の先生方からは、複雑な案件やグレーゾーンの対応で、「私の事務所ではこうやっています」「私はこういう考えで対応しています」と、本音ベースで語っていただけました。ですから、「へえ、実際はそうやって対応するのか」と、目から鱗の連続だったことを覚えています。また、OB・OGの皆さまには、「よくぞここまで語ってもらえるものだ」という開業秘話を披露していただけました。ここで聴けたお話は、私がこれからどんな仕事をするにせよ、今後に生かせる内容が盛りだくさんでした。

 

 社労士試験に合格後、開業に向けたハードルが高いと感じている方は数多くいらっしゃると思います。私に関していえば、奥田塾を修了してハードルはゼロになったとは言いませんが、ほとんどなくなりました。開業のハードルを乗り越えたいと思っていらっしゃる方、開業後に壁を感じておられる方に、奥田開業実践塾を受講されることをお勧めします。

13期生の声2「奥田開業塾を受講して」宮内正子

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

奥田開業塾を受講して                13期 宮内正子

 私は事務指定講習の教材が送られてきて、どう手を付けてよいか戸惑ってい
た時に、奥田先生からアドバイスのメールをいただきました。 その時から、
奥田開業塾の講座を受講することを、きめていました。
「自分を社会保険労務士にしたてる」ために、挨拶状、事務所案内、プロフィ
ール、ホームページの作り方など、色々学びました。

 卒業生の先輩たちの体験談も、生の声なので、現実的で、社労士の仕事を身
近に感じることができました。先輩たちに感謝です!

 卒業課題は就業規則の作成でした。奥田先生から、「小学生でも理解できる
就業規則を作る」をよく言われました。これが、難しく、どの専門用語をやめ
たらよいか、使ったほうが良いか、主語、述語をわかりやすくする、など大変
でした。

 この点から思うことは、最終提出日より2週間くらい前に就業規則作成にあた
って、質問タイムの授業がほしかったです。そしたら、もっと、いい就業規則
ができた気がします。できた就業規則も、もう少しお互いに質問、意見できる
時間が欲しかったです。これが、少し消化不良になって残っています。もしか
したら、今後より良い就業規則を作るために、このように感じさせる計算なん
でしょうか。

 奥田開業塾に参加して、氏と呼べる先生と仲間ができて、良かったです。

宮内正子b.jpg








 

 

 

13期生の声 3「奥田塾から旅立とう」   13期  丹羽 雅

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

奥田塾から旅立とう               奥田塾第13期生 丹羽 雅

 

 奥田塾第13期生として2018年に学べたことに、今感謝の気持ちでいっぱいです。もし社会保険労務士の試験に合格した方がその先の一歩を踏み出したいと思われたなら、いつかは(できれば今年)受講していただきたい、楽しくてためになる講座です。

 私は、1991年に合格。当時35歳、開業はしませんでした。2016年に社会保険労務士開業のための奥田塾を知りました。今、2018年は介護を通して人の役に立つ社会保険労務士をライフワークとできるよう、介護職の一員として現場にいます。

 奥田塾では、素敵な『社会保険労務士である人』に出会えます。

 奥田先生、小杉先生の温かい人柄はもちろん、講義や懇親会でお話くださった10数名の先輩社労士の先生、10人の同期生からも多くのリスペクトすべき自分にないものを学ばせていただきました。ありがとうございます。

 これから奥田塾で学ばれる方と、いつかどこかで出会えることを楽しみにしています。

13声-丹羽a.png













13期生の声 4 「受講を終えて」 M・N

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

13期生の声 4 「受講を終えて」 M.N

 

 資格取得から数年たち、子育てをする中で、このまま時をかさねていいのだろうか、

悩んでいた時に奥田先生のホームページを見つけました。当時、1歳の子供がおりま

したので、説明会に行った後も、受講をなやんでいました。通信・通学の両方という

形を取らせてくださるということで、おもいきって受講しました。

 

 プロフィールや、事務所概要・目玉商品・就業規則と課題に取り組むことを通じて

自分に向き合ううちに、自身の足りないものを再確認し、先の見えなかった社労士人

生の霧が少しづつ晴れていったように感じました。この塾のいいところは、やはり刺

激しあえる仲間に出会えるということです。皆さんの熱意や取り組みに、自身を振り

返り、問いかける日々でした。困ったときは話を聞いてくれる仲間にも出会えました。

 

 最後の授業で先生が「何かを形にする喜びが楽しい」とおっしゃっていたことがと

ても心に残りました。様々な修行を積み、近い将来、何かを形にし、それをよろこん

でいただき、社会に貢献できる社労士になりたいと思っています。課題でつくった目

玉商品を一日も早く提供できるよう、日々勉強中です。奥田塾に通うと、不安が消え、

自身がつきます。しかし、最後の扉を開くのは自分自身だと思います。

 

奥田博 私は社会保険労務士開業の仕掛け人

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ


 開業から22年、私は「社会保険労務士開業の仕掛け人」です。

 私も開業するときに開業講座へ通いましたが、その講座で学んだことはあまり開業に役立ちませんでした。もっと開業に役立つ講座が必要だなと思いつづけて10年間、社会保険労務士業の経験を重ねました。

 そして開業から10年後に開業実践塾を開きました。その名の通り実際の仕事の役に立つ講座です。

開業実践塾のモットーは「自分で自分を社会保険労務士に仕立てる」です。

 自分を仕立てていくと不安が消えて社会保険労務士が見えてきます。

 皆さんには講座で「開業案内状」や「事務所案内」などを作って頂きます。「就業規則の作成」は社会保険労務士の基本であり開業準備の中でもとくに重要です。こうして開業を準備しながら自分を仕立てていきます。

 講座が修了したときは皆さんの開業準備が出来上がっていますから、自信を持って社会保険労務士を開業スタートしてください。そしてみんながどんどん開業し、みんなで社会保険労務士をより深く社会へ浸透させて行きましょう。

 

 これまで13期(回)開催し、修了生320人以上、開業社会保険労務士は180人以上になります。

DSC_4406★.jpg










《 開業準備の土台固め 》講座 ご案内

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

《 開業準備の土台固め 》講座 ご案内

日時

 2018年 11月17日 (土)  2時から
 2018年 12月 1日 (土)  2時から
 2018年 12月 8日 (土)  2時から
  ※3回とも同じ内容なので、どれか1つにご参加ください

場所 銀座 中小企業会館  最寄り駅 JR有楽町
      メトロ 銀座線「銀座」
      メトロ 有楽町線「銀座一丁目」
 案内図はこちらです ↓
 http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html

参加費 2000円
 当日お支払いください。
※来年1月からスタートする「14期-奥田開業実践塾」に参加される方は
 受講料からこの参加費を差し引いていただきます。

お申込み
   このホームページの「お申込」ページで次の3点をご記入の上、お送りください
     ここをクリック↑

   1)参加される日
 2)お名前
 3)メールアドレス 
---------------------------------------------------------------------------

《 開業準備の土台固め 》とは

「社会保険労務士の事業」という家を建てるために
開業準備計画の図面をしっかり引くことが大切です。
平面図で「どこに何を置くか」「どのくらいの大きさにするか」
などの間取りを描きます。

でもその前に、
柱や貫きなどを組み立てるための「土台」が必要です。
土台はすごく重要ですね。だから「土台固め」から始めましょう。

「社会保険労務士の事業」を立ち上げるための土台とは
「現在地の確認」そして「モノの準備」と「意識の切り替え」です。
 このテーマで「土台固め」をご案内いたします。

この講座は本講座に入る前の「土台つくり」ですから、
本講座への参加を考えていらっしゃる方は必ず参加してください。
本講座への参加は考えていらっしゃらない方も、
この土台作り講座では、なにをどういう手順で準備したらいいのかを
お話をいたしますから、
知らないよりは知っている方がもんのすご〜くお役に立ちます。
なにも分からないまっさらゼロ状態より、
すこしでも拠り所のある状態の方が10倍以上お得です。
お約束いたします。


「土台固め講座」 概要
1.社会保険労務士の位置と役割
2.基本戦略:自分で自分を社会保険労務士に仕立てる
3.戦略を立てれば、やるべきことが見えてくる
4.方法:   1)モノの準備  2)書類の準備   など
5.意識の取替え  1)独立・自立・自律 とは  2)自己を管理する

土台講座用.png

「土台固め講座」は、主にこんな内容で進めます

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

1.社会保険労務士の位置と役割を正しく認識する
  1)現在の位置 
  2)社士の位置 
  3)社士の役割 

   旅行には出発地があり、そこから旅が始まります。
 目的地を決めることで旅行計画を立て始めることができます。
 では「社会保険労務士の現在地はどこか」
 試験に合格したけれど、開業はしていないという地点でしょうか。
 まずここをスタート地点としましょう。
 そうして社会保険労務士事業の計画をつくっていきましょう。

2.基本戦略:開業実践塾の目標
  【 自分で自分を社会保険労務士に仕立てる 
  この考え方が当塾の根幹になっています

 聞きっぱなしの講座だと後に残るものは少なく、やがて消えていきます。
   開業実践塾は聴くだけの座学ではありません。
 皆さんが開業するにあたり、必要なものやツールをご自分で作っていく塾です。
 私は皆さんが作るときのポイントやヒントをお出ししますが、作るのは皆さんです。
 しかし作り始めるとなかなか思うようには行きません。
 それでも「自分で自分を仕立ててください。」
 「仕立てる」とは、皆さんが「もう一人の自分」を立てて見つめ、
 ああでもない、こうでもないと、外側から調整してしていくことです。


3.経営理念・基本戦略を持つ
  戦略を立てれば、やるべきことが見えてくる

 難しく考えず「私はこういう社会保険労務士になる」と決め、
 「そのためにはこうしよう」という方法を考えることです。
 でも「ああ、分かりました!」というほど簡単には決まりませんね。

 ではここでちょっと横にそれて「方法」に取り組みましょう。
4.方法: 
  1)モノの準備
  2)書類の準備
  3)自己宣伝
  4)仕事の提案
  5)知識をお客様仕様へ仕立て直し

  6)就業規則の作成→培った知識を身体に浸透させる

 まずモノや書類などをそろえて行きましょう。
 モノの準備・書類の準備など「形から入る」ことは、
 自分のまわりの形を整えて、形からイメージを作っていくことです。
 形からいろいろ準備していくと、
 自分の中にだんだん社会保険労務士のイメージができ上がっていきます。
 イメージが膨らんできますと「社会保険労務士像」が見え始めてきます。

 最後に
5.意識の取替え
  1)独立・自立・自律 とは
  2)自己を管理する
    @事業を管理する
    A予算と経費を管理する笑顔2d.jpg

    B時間を管理する

 ほとんどの方は、

 生まれてからずっとどこかで
 だれかに管理されてきました。
 ここで社会保険労務士を開業する
 というのは、
 この管理がなくなることなのです。
 これからはどこからも指示命令が
 来ません。
 だれからも管理されません。
 そこで、自分で自分を管理します。
 自分に指示命令をいたします。
 そうは言ってもこれまでずっと
 管理される側にあった者が、
 スイッチを切り替えるように管理する側へ移るのは至難の業です。
 このため「独立」して「自己を管理する」意識の取替え訓練を、
 ご自分でやっていただくことになります。

開業セミナーのタイプ

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

 

開業講座には次のようなタイプがあります。

1)イベント型 1泊2日などで開業に向けて元気づけるもの

2)短期収集型 5〜8回くらいを土日連続で開催されるもの
  短期で全体的に講座が組まれています。
  短い期間に集中して行われるので、
  参加者の頭はキャパシティーオーバーになります。
  このため一通り教わってもあまり残りません。

3)開業実践塾は、月に2回、6ヵ月間 開催いたします。
  ほぼ1週間おきなので、1回ごとに反芻する時間があります。
  また、皆さんに自分を仕立てるための課題をお出しし、
  これを添削する時間も必要なので、このペースになります。
  こうして、講座が終わるころに皆さんの開業準備が整います。

平成31年開催 第14期 講座日程 ご案内

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

開業スタートダッシュ!! しましょう

平成31年開催の第14期の講座日程をご案内いたします。
これらの日程は計画段階で、これから会場を予約いたします。
まだ確定ではありませんが、ほぼこの予定で計画しています。
これまでの講座で培ったものと、13期で気付いた課題を吟味し、
改良を加え、さらに充実したものになっています。
ぜひ受講いただきますよう、よろしくお願いいたします。

日程の発表に際しまして、
「さあ、14期に取り組むぞ!」と気持ちを新たにしています。

14th-b.png

5月12日,第9回の開業実践塾を開催

5月12日に第9回の開業実践塾を開催いたしました。
このあとの講座は2ヶ月ちょっと先、7月21日の修了式になります。
だから第9回開業実践塾は就業規則作成前、最後の講座です。
1月13日の事務所見学からスタートし、ここまで9回開催いたしました。
受講生の皆さんには長いようで短かったと思います。

今回の提出課題のテーマは「就業規則作成のメリット」です。
みなさんには就業規則を作成してもらう前に、
「就業規則作成のメリット」を考えてもらいたいのです。
このテーマでいろいろ考え、各自がそれぞれのメリットを見つけ、
納得のいったところで就業規則を作成してもらおうという意図です。
このレポートを書き上げるまでは就業規則の作成に取り組めないのです。
受講生のみなさん、よろしくお願いいたします。

 

午後講座は岡村講師の「電子申請入門」でした。
社会保険労務士にとって電子申請は標準の申請になりつつあります。
でも電子申請のスタートには関門が2つあります。
これをいかにクリアしたらいいか、がテーマです。

 

体験談は木谷さんにお願いしました。
木谷さんは紙芝居プレゼンを披露してくれました。

B_7609.jpg

B_7674.jpg

B-7792.jpg

=4月28日、開業実践塾の8回目を開催=

4月28日、開業実践塾の8回目を開催しました。
会場の銀座 中小企業會館に着くとひっそりしています。
掲示板を見ると私たちの「開業実践塾」だけです。
エッ・・・・・はぁ〜そうか、
今日からゴールデンウイークが始まったんだ。
ああ、私たちはなんて真面目なんだろ!
というわけで、シーンとしているフロアを私たちが占領し、
ゆったりと講座を進めることができました。

今回の午前講座で
「就業規則作成の手引」を配布しました。
これは、そろそろ就業規則を作成するモードに入ろう
という気持ちになってもらうための誘導であり、
同時にある程度の作成ルールを示し、
みなさんに大きな枠の中で作ってもらうためです。

まず、どんな組織の就業規則を作るのか
業種・企業規模・所在地・従業員数など、
対象企業の概要を書き出してもらいます。
企業概要をつくると、
作成者の中には対象企業のイメージができあがります。
これが就業規則作成における最初のステップになります。

午後講座のテーマは「プレゼンテーション」
天野様から、伝えることの難しさ、大切さ、をお話しいただきました。

体験談は奥林さんにお願いしました。B_7439.jpg

B_7434.jpgB_7559.jpg

 

B_7492.jpg

 

=今年の13期の名前を付けました=

4月14日(土)に第7回講座を開きました。
今年の13期の名前を付けてくださいと
受講生にお願いしていましたが
13期の名前は「ひとみ会」と決まりました。
これまでの12の期にもそれぞれ名前が付いています。
名前をつけると仲間同志の結束力がより強くなるようです。


午前講座は「開業準備作業工程表」を作り
開業までのスケジュールをきちんと立てて
取り組む練習をいたしました。
午後講座は永山様から「給与計算」を勉強いたしました。
給与規程をきちんと作ることから始めなさい
と教えていただきました。
体験談は8期の伊藤さんにお願いいたしました。

IMG_7266b.jpgIMG_7279b.jpgIMG_7367b.jpg

3月24日、第6回 奥田開業実践塾がありました

3月24日、第6回 奥田開業実践塾がありました

私は前回3月10日の塾が終わったあたりから

花粉で猛烈に目が痒くなり、仕事が手につかない状態になりました。

今回の講座は赤く腫れぼったいまぶたでようやく乗り切ることができました。

次回までに花粉が収まっていることを切に願っております。

午後講座は成田講師に助成金をお話してもらいました。

体験談は小池克明さんからお話をうかがいました。

IMG_7054b.jpg

IMG_7124b.jpg







IMG_7189b.jpg

3月10日、第5回開業実践塾を開催しました

午前講座では
私傷病休職は組織維持の綻びにならないようしっかり繕うこと。
提出課題「事務所案内」は、お客様をナンパするツールだから、
強烈に印象が残るものを作ろうというお話
午後講座は永井康幸さんに
「憲法を起点として労働基準法へ、社会保険法へ、
 民法と労働基準法のことなるポイント」など
私たちが関与する法律を俯瞰的にお話ししていただきました。
佐藤さんの体験談は大変興味深いお話しで皆さん熱心に聴きました。
佐藤さん、笑顔がすてきな方ですね。

IMG_6932b.jpgIMG_6965b.jpg

IMG_6994b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月24日、第4回 開業実践塾を開催いたしました

IMG_6838b.jpg

IMG_6796b.jpg

 

 

 

IMG_6849b.jpg

2月24日、第4回 開業実践塾を開催いたしました。午前講座は皆さんから提出された力作の「開業挨拶状」にひとこと感想を添えました。就業規則は「労働時間で1年変形労働制の作り方・休日と休暇のちがいを意識すること・年次有給休暇の計画取得を積極的に使いたい」などをお話しました。午後の渡邉講師のテーマは「年金」です。老齢年金・障害年金から「iDeCo」などの基礎知識をお話していただきました。体験談は海宝さんにお願いしました。

1月27日に第2回 開業実践塾を開催しました。

前回は事務所見学だったので、
今回初めて銀座中小企業会館での講座です。

午前講座ではこの講座の概要をお話しし、
私と受講生がおたがいに自己紹介をいたしました。

午後はIT関連の装備につきまして
これからどんなものを揃えたらいいのかを
山本講師が詳しく解説してくれました。

体験談を8期生の田中葉子さんにお願いしました。
障害年金とのかかわりや介護について話してくれました。

体験談では、修了生がその後どんな活躍をしているのか
知ることができるので、私も楽しみに聴いています。

そのあとの懇親会では全員が参加して
大いに盛り上がりました。

IMG_6471b.jpgIMG_6479b.jpg

IMG_6491b.jpgIMG_6577b.jpg

13期 開業実践塾がスタートしました

今期は事務所見学からスタートしました。
最初に社会保険労務士事務所を見学して
具体的に社会保険労務士のイメージを
持ってもらいたいからです。
(1)  合同事務所
(2)  大型事務所
(3)  普通の個人事務所
タイプの異なる3つの事務所を見学いたしました。

受講生にはこれで一挙に事務所のイメージが入り
これから講師たちの話を聴くとき
話の内容がより具体的に理解できるようになります。

IMG_6385b.jpgIMG_6329b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6426b.jpg

 

 

 



 

=事務指定講習の取組み方を説明いたします=

奥田開業実践塾「土台固め講座」のあとIMG_5973b.jpg
「事務指定講習の取組み方」をご説明いたします。

来年の事務指定講習を受講される方のために
資料とともに「事務指定講習の取組み方」をご説明いたします。


「事務指定講習の取組み方」に参加されますと
・事務指定講習のイメージができます
・事務指定講習への気負いがなくなります
・事務指定講習にかける時間が半分以下になります

事務指定講習を受講される方はぜひご参加ください。

基礎講座のあと、任意参加でお願いいたします。

「土台固め講座」のお申込みは〔こちら〕から


7月8日、12期開業実践塾の修了式を行いました

 

7月8日に12期開業実践塾が
終了いたしました。

今期は受講生全員が就業規則を提出されて
全員に修了証書をお渡しいたしました。
受講生から寄せ書きをプレゼントされました。
予期していなかった喜びをいただきました。
感激です。

  IMG_5555b.jpg

  

 IMG_5526b.jpg  

 

 

IMG_5440b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9回目開業実践塾を開催いたしました

IMG_5176b.jpg
   12期9回目の開業実践塾が
 5月13日に終わりました。
 すでに1カ月近くが過ぎます。
  本当はもっと早く報告したかった
 のですが、写真を見失っていました。
 ファイルの名前を間違えていたのが
 行方不明の原因でした。
 でもようやく見つかり、アップできました。


 午前講座は「社会保険調査IMG_5234b.jpgの対応」
 「年度更新データの集計手順」など
 午後講座は岡本さんの「電子申請」入門、
 体験談は田中さんにお願いしました。


 IMG_5326b.jpg

 この講座が終わり、
 残すは修了式だけになりました。
 現在12期生は修了課題である
 就業規則の作成に挑んでいます。

 

 

 

8回目 開業実践塾を開催しました

IMG_4900b.jpg8回目開業実践塾を開催しました。
この通学講座はあと2回です。
GW明けの5月13日に9回目を行いますと
あとは7月8日の修了式で終わります。

この日午前の部で就業規則講座を
終了し、同時に修了課題
「就業規則の作成」に向けて
「就業規則作成の手引」を配布し、
作成にあたっての注意事項を
説明しました。

5月13日の講座終了から1カ月で
修了課題の就業規則を作成し提出してもらいます。

この日(4/22)午後は天野様のプレゼンテーション
をお聴きしました。
体験談は木谷さんのお話しを
うかがいました。

IMG_5003b.jpgIMG_5058b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

第7回開業実践塾

IMG_4830b.jpgIMG_4823b.jpgIMG_4773b.jpgIMG_4741b.jpg4月8日 
第7回開業実践塾 開催
就業規則は「定年」「退職」「解雇」を
労災の「8号-休業補償給付」
そして「任意継続の意義」など

午後は「給与計算」と「賞与計算」
体験談は嶋崎さんにお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3月11日(土) 第6回 開業実践塾

IMG_4392b.jpgIMG_4326b.jpg

IMG_4277b.jpg3月11日(土)
第5回講座は
ふたたび銀座へもどりました。
午前は奥田が担当、
午後は橿村さんに
労働契約法・他を
体験談は崎浦さんに
お願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

2月25日 開業実践塾 5回目

IMG_4149b.jpg2月25日(土)
開業実践塾の会場は、
日暮里のサニーホールでした。

午前は奥田、
午後は渡邉さんの年金
体験談は
柏谷さんにお願いしました。

講座会場を移して、
ちょっと新鮮な気分で
勉強することができました。

 

 

IMG_4188b.jpg

 

IMG_4251b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3回開業実践塾は事務所見学です

IMG_3933b.jpg

2月11日(土)
この日は祝日でしたが、
事務所見学を行いました。
成田さんの合同事務所とは
どんなものなのか

 


山本事務所で最新のIT化
モデルを見たことで、
やればここまでできること
を理解したと思います。
 

 


奥田事務所はごく普通の個人IMG_4010b.jpg
事務所です。ここを最後に
見学してこんなものかなと
思っていただければいいと
思います。

 


1日で3つの事務所を見学
するのはちょっと大変でした
が、みなさん最後まで熱心に
見学いたしました。

 

 

 

 IMG_4099b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2回講座を開催しました

IMG_3701b.jpg1月28日
奥田開業実践塾の第2回講座を開催しました
厚生労働省の「モデル就業規則」を編集して配布
これからこれをいろいろ料理していきます。

午後は申請実務でしたが、とても全部はできません。
申請する実務イメージが入ることを目的にします。

体験談を永井さんにお願いいたしました。

IMG_3788b.jpg

IMG_3815b.jpg

 







 

 

 

 

 

 

「11期受講生の声4」をお届けいたします

(3)★森田写真d.jpg 森田健志

 私は平成27年の社会保険労務士試験で合格しました。その

時は病院の事務職員として勤務していました。この仕事を続

けて定年後に開業するのか、退職して開業するのか、それと

も社会保険労務士事務所に転職するのか悩んでいました。

そのような時期に奥田先生から、開業実践塾の案内をいただ

きました。

塾生はどのような思いで参加するのか、実践塾から私の将来

へのヒントが得られるかではないかなどを考え、第11期奥田開業実践塾に参加しました。

私は通信生でしたが、事務所見学に参加させていただき、実際の事務所での業務を3か所確認できたことは非常に参考になりました。また毎回の講義で、OBのゲストスピーカ−から、「苦労はしているが、積極的に人に会うことで、道を切り開いている」という姿勢を確認できました。奥田先生が言っておられた「多くの人に会うこと」が非常に大切であることを認識できました。
 また「思いを形にする」というテーマを与えられ、 自分の歩んできた人生を振り返り、「自分はどのような社会保険労務士になりたいのか」ということを考える、良い機会となりました。
 私は今後、医療機関の事務職としての経験を活かし、障害年金や、患者さんの就労支援など医療にかかわる社会保険労務士を目指していきたいと考えています。ただ、その夢をいつ、どのようにして実現するのか、現在決めかねています。

しかし、同期生ですでに開業して頑張っておられる方が複数名おられ、非常に刺激を受ける毎日です。来るべき決断をする日まで、「多くの人に会うこと」と「自己研さん」を続けていこうと考えています。

奥田開業実践塾に参加して、非常に有意義でした。奥田先生、小杉先生、同期生の皆さま、お世話になりました、ありがとうございました。

「11期受講生の声2」をお届けいたします 

石井.png第11期開業実践塾を受講して      石井 晃宏

私は、2013年に合格、事務指定講習を経て、
2014年に「勤務その他」登録をしましたが、
@ 現職では社労士資格を活かせる場は限られている 
A 今のまま定年を迎えるイメージができない、
 等の理由で開業の選択肢を探っていました。
しかし漠然と「開業できればなあ・・・」と思っては
みたものの、私には総務・人事や社労士事務所での
実務経験がなく、開業に必要なノウハウ、事業運営
方法がわかりませんでした。

インターネットでいろいろと検索した結果、
A 日程、金銭的に問題がなかったこと
A静岡からでも通学できそうであったこと
B開講前のオリエンテーションを聞いて、自分の肌感覚にあっていたこと
 などが決め手になり受講することを決めました。

受講してみて、
@ 門分野講師陣からのレクチャーがあり、実務がイメージできた
A 実際の事務所見学ができた
B 経営者の心構えを学ぶことができた
C 開業挨拶状や目玉商品、就業規則作成などテーマ提出の都度、
   同期受講生全員のものを見ることができた
D 毎回、開業された先輩方の体験談が聞けたことで、開業への不
   安が払拭されていったことはとてもプラスになりました。

また、受講終了後には毎回懇親会が開催され、奥田先生や同期生、講師の先生方の貴重なお話を聞くことができたことも良かったと思いました。

開講当初は、開業するか否か、迷っていましたが、気が付けば修了式の7月には開業を決意し、10月には開業登録するまでに至っていました。
 開業を目指す方、迷われている方、興味がある方、奥田開業実践塾をおすすめします。

「奥田 開業実践塾」へ名前を変更いたします

=IDE開業実践塾 から 奥田-開業実践塾 へ=

これまで「IDE開業実践塾」で
11期、11年間 やってきましたが

来年の12期からは
「奥田 開業実践塾」と名前を変えて開催いたします。

いままで「IDE」を名乗っていたことで
「i.D.E.社労士塾」に問合せが殺到し
ご迷惑をおかけしていたことが分かり、陳謝いたしました。

12期からは「奥田 開業実践塾」で開催いたします。
改めてよろしくお願いいたします。

「奥田 開業実践塾の考え方」

 2 横顔(白).png「奥田-開業実践塾の考え方」
=0から1へのプロセス=

0というのは
「何もない、まったく知らない」ということです。
1というのはそのことについて
「経験がある、知っている」という意味です。

「何もない」から「経験がある」へ
「知らない」から「知っている」へ進むというのは、

例えば、初めてどこかを訪ねるとき
住所だけしか分からないと、
目的地をさがすのはすごく難しいことになります。
目的地への地図を持っていても
すんなりたどり着くことができればラッキーでしょう。
たいていは迷ったり、行き過ぎたり、
だれかに道を聞いたりしてたどり着くものだと思います。
これが0からスタートしてなんとか1になったプロセスです。

でも2回目に訪ねるときは、
すでに訪問したと言う経験があります。
周辺の景色を憶えています。訪問先の建物を憶えています。
つまりイメージができています。
すでに1ができているから、2は簡単なのです。

なにか初めてのことをするときに
手掛かりやヒントがまったくないと、
どこから、なにから、手をつけたらいいのか分かりません。
社会保険労務士に会ったことも、見たこともない人にとって
社会保険労務士というのは漠然としていて
なにをどうしたらいいのかまったく分からないと思います。

奥田-開業実践塾はみなさんに
「社会保険労務士」を知るためのヒントをお出しします。
「社会保険労務士」へどこから入るかの入り口を提示いたします。

「社会保険労務士」は何をすべきか眺めましょう。
こうして皆さんを0から0.5へご案内いたします。
0.5から1へは、皆さんご自身で歩んでください。

-------------------------------------------------
ただいま、奥田-開業実践塾では
13期「基礎講座」への参加お申込みを受ております
お申込みは(こちらへ

希望日とお名前をお送りください
奥田 博(okuda@okuda-office.com

関連リンク先です↓
http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureplatz/
https://www.facebook.com/okuda.hiroshi1

「土台固め講座」で事務指定講習を説明します

「土台固め講座」で
【事務指定講習】の説明を行います


社会保険労務士試験に合格しても
2年以上の実務経験がないと開業できません
この、2年以上の実務経験があるとみなしてもらえるのが
「事務指定講習」でした。

 

 

 

 

 

「土台固め講座」のときに
事務指定講習についての説明をいたします。

 

講習の方法・日程・どのように取り組むべきかなどを
ご説明申し上げます。
テキスト見本をごらんいただけます。
ここでまず事務指定講習のイメージをもってください

この説明をお聴きいただいた後で、
学習効率3倍アップを保証いたします。 

 

 

「奥田-開業実践塾の考え方 2」

 1 笑顔.png =最初にイメージを作ろう=

何かを始めるとき、
そのことのイメージがあるかないかで、
理解し、把握するスピードが大きく変わります。

スポーツ選手はイメージトレーニングを大切にしています。
そのわけは、イメージが出来上がるということは
 やり方がほぼ理解できたということだからです。
 選手は次に、そのイメージを抱きながら
 ひたすらにトレーニングを行います。
そしてイメージどおりに出来なければ、
なぜ出来ないのか、どこが違うのかを
 コーチと一緒に調整して行きます。
ときにはイメージの修正も必要になるでしょう。
いずれにしろ、最初にイメージがあってこそ、
 初めてトレーニングが成り立つのです。

社会保険労務士勉強の最終目標(イメージ)は
「合格」という一点でした。
でも「社会保険労務士になる」ためのイメージは「面」です。
 「社会保険労務士」という言葉はひと言ですが、
ひと言の中身は大きな広がりを含んでいます。

また、イメージというのは「こういうものだ」と言われたとき
 こちらが「そうなんですか」と言ってみても
両者が決して同じものをイメージすることはありません。

奥田開業実践塾では
 みなさんがイメージを作って行くヒントを差し上げます。
 少しづつ提示して行きます。
これらが0から0.5への入り口です。
 皆さんはこれらのヒントから
 ご自分のイメージを描いてください。
そうして
 ご自分の社会保険労務士像を作り上げて行ってください。
これが0.5から1への実践作業です。

-------------------------------------------------
ただいま、奥田-開業実践塾では
「基礎講座」の参加お申込みを受ております
日程:
  11月18日 13:30〜
  12月 2日 13:30〜
 

お申込みは「お申込」欄へ「希望日とお名前」をお送りください

関連リンク先です↓
https://www.facebook.com/okuda.hiroshi1
https://www.facebook.com/kaigyoujuku

奥田-開業実践塾 Q&A

Q1 社会保険労務士について何も知らないので不安です。

【奥田】

 不安は合格された方が必ず持たれるもので、持つのが自然です。

 不安は、「社会保険労務士を知らない」から生まれます。

 開業実践塾ではこの不安を取るために

 「皆さんが自分で」開業準備をして行きます。

 

 

Q2 私は総務の仕事や社労士事務所の経験がありませんが、 

   なくても本講座を受講すれば、開業できるのでしょうか。

【奥田】

 毎回、受講生の半数以上は社会保険労務士事務所での業務経験がない方

 会社で人事総務関係の業務をしたことのない方です。

 当塾は、

 これまで人事総務関係の業務をしたことがない方を対象に

 知識がゼロのところからスタートし、開業を目指して

 開業に必要なものをひとつひとつ

 「自分で」準備して行く開業実践塾です。

 

 開業実践塾という名前は、私どもが教えるだけでなく、

 みなさんが自ら作って準備していくという意味です。

 最初は何も分からなかった人でも、講座が終るころには、

 社会保険労務士への不安がなくなり、

 皆さん開業後のイメージを持つことができています。

 

 この「トップページ」と「奥田-開業実践塾」メニューで紹介した

 「受講生の声」をご一読ください

 そして、オリエンテーションにご参加ください

 

 

Q3 まず社会保険労務士事務所へ就職して

   数年勉強したいと思うのですがどうでしょうか

【奥田】

 必要ありません

 社会保険労務士事務所で「事務職員」の勉強をして

 事務手続きの経験を積まれても、

 それは「社会保険労務士」になる勉強ではありません。

 社会保険労務士は事業家であり経営者です。

 開業実践塾で、事業家・経営者の訓練をしてください。

 

 

Q4 どうしたら社会保険労務士で食べられるようになりますか

【奥田】

 社会保険労務士になろうかどうかを迷うのではなく、

 社会保険労務士へどっぷりつかる!と決断し、ぜったいにこれで食べていく!

 という覚悟を持って努力をすれば食べられます。

 

 

Q5 営業方法を教えてくれますか

【奥田】

 万人に向いた営業方法というのはありません。

 言えることは、理屈や理由を言わないでたくさんの人に会いましょう。

 会って

 ●「社会保険労務士になった自分を知ってもらうこと」と

 ●「みなさんのお役に立ちたいこと」 を伝えて

 ●「お客様から信頼を得る」

 信頼関係ができあがれば向こうから仕事がやってきます。

 

 開業実践塾では「自分と仕事を知ってもらう方法」を、

 手順を追って皆で一緒に考え、自分で作って行きます。

 そして自分の営業方法を確立します。

 

 

Q6 開業場所は都心がいいでしょうか、

   会社の集まっているところがいいでしょうか

【奥田】

 事務所の場所は基本的に問いません。

 仕事のエリアもありません、日本全国どこの客もOKです。

 自分の近くに客がかたまっていれば、効率がいいですが

 いま、現実にそういうことはあまりないと思いますので、

 自分が仕事のしやすい場所、便利な場所を選ぶのがいいでしょう。

 

 

Q7 貴塾へ通うのにパソコンのアドレスは必須ですか?

【奥田】

 はい、必ずパソコンを使ってください。

 そしてパソコン用メールアドレスを持ってください。

 奥田-開業実践塾では、メールを連絡に使うだけでなく、

 ファイルを添付してやりとりをしますので、

 パソコンとパソコンのメールアドレスがないと、やりとりができません。

 よろしくお願いいたします。

 

 

Q8 すっかり受験時代の知識が乏しくなってしまいましたが、

   講座への参加前に復習をした方がいいですか?IMG_0280HP2.jpg

【奥田】

  さしあたり復習は必要ありません。

  受験勉強の内容は私たちにとって材料です。

  基本的な知識が必要なときに受験テキストを

  見直せば充分です。

  私たちに必要なのは材料を加工して

  料理/商品にすることです。

  開業実践塾でその練習をします。

 

Q9 講座に通学したいのですが、病気などで休んだときはどうなりますか

【奥田】

  お休みされたときは、通信の方と同じように資料+CDをお送りいたします

 

 


当塾は 開業【実践】塾 と名乗ります

当塾は 開業【実践】塾 と名乗ります

セミナーは、
講師がレジュメ・テキストに沿って説明をし、
受講者はそれを聴いて理解する、
という形式が一般的です。

受講者は講師の解説・説明を聴いて
「なるほど、そうなのか」と理解し、納得します。
しかし、
説明を聴いて理解しただけだと、
その内容はまだ自分の中には入りません。
自分でそれをやるまでは、イメージでしかありません。

イメージを自分のものにするには
実際に自分でやってみる必要があります。
そして、説明されたことを実際にやってみると、
必ずしも説明どおりにならないことがあります。
または、新たな疑問が生まれることがあります。

「聴いて理解する」ことと「実際にやってみる」ことでは
大きな違いのあること分かります。

実際に自分でやってみて
実感することはとても大切です。

「聴いて理解する」だけでは自分の身に付きません。
「実際にやってみる」ことで、
初めて自分の血となり肉となります。
これが開業実践塾という看板の意味です。

自分で自分を社会保険労務士に仕立てる

 3 横顔(青).png=自分で自分を社会保険労務士に仕立てる=


運転免許を取ったときのことを憶えていますか。
このときの気持ちは、
社会保険労務士に合格したときの気持ちとよく似ています。

「これで道路を走ってもいいですよ」というのが運転免許証。
社会保険労務士の合格は
「社会保険労務士を開業してもいいですよ」という許可証です。

運転免許証を貰っても、
それで他の車のように道路を走る自信はありません。
むしろ、まわりに迷惑をかけないか、
事故を起こさないかという不安が大きいものです。
社会保険労務士の合格では、
開業したらどうすればいいのかという不安がよぎります。

自信がないからと言って車を運転しなければ、
道路を走ることができません。
私は初めのうち、
運転がベテランの友人にときどき隣りに座ってもらい、
車が少ない夜などに街中を走って練習しました。
そのとき、走行中のふらつきを注意され、
赤信号交差点へ止まるまでの近づき方、
走行中の前後左右の車との位置関係に気を遣うこと、
パンクしたときのタイヤ交換など、
教習所では教わらないことを教えてもらいました。

知識は資料をさがせばある程度得ることができます。
でも社会保険労務士として、
どのように考え、どのように行動するかを、
何もない状態から築きあげるとしたら、
経験を積み上げるしかありません。
おそらく何年間という時間を必要とするでしょう。

社会保険労務士に合格したときにも、
自動車運転での友人のアドバイスのような、
そういう機会があったらいいのにと思いました。
これが奥田-開業実践塾を開こうと思ったきっかけです。
奥田-開業実践塾は、社会保険労務士として
どのように考え、行動するかの事例を提供いたします。
そしてこの事例を各自が咀嚼し、自ら試してみる場所です。
だから「自分で自分を社会保険労務士に仕立てる塾」です。

=第11期 IDE開業実践塾 修了式=

=第11期 IDE開業実践塾 修了式=

7月23日 第11期 IDE開業実践塾 修了式を行いました。

就業規則のポイント復習と

就業規則のプレゼンのワークショップ

11期全体の振り返りを行ない  

そして、修了証書の授与で締めくくりました。

これにて第11期 修了です!IMG_2739b.jpg

IMG_2590b.jpg

IMG_2664b.jpgIMG_2680b.jpg

=今年合格された方、事務指定講習受けますか?=

=今年合格された方、事務指定講習受けますか?=

社会保険労務士を開業するためには
「実務経験2年以上あること」という条件がありますね。
この条件をクリアできる方は、

★★できるだけ会社から証明書をもらいましょう★★

証明書を貰う資格があるのに、貰わない人がいますが
!!それは講習を受ける費用と労力の無駄です!!!

 

修了生 ホームページ リスト

修了生はこれまで216人です

このうちおよそ60%が開業しています。

開業している者のうち、74人がホームページを開いています。

氏名 ホームペーシアドレス
石井清香  http://www.law-isishii.com/
遠藤憲治  http://www.asahi-sr.biz/
大塚隆裕  www.k5.dion.ne.jp/~otsukasr/
關 俊彦  www.fukurou-js.jp/
高木 紀光  www.ab.auone-net.jp/~takagi/
田中千恵子  www.tanaka-sr-office.com/ 
蛭海直隆    www.hirumi.biz/ 
大庭敏也 ooba-office.com/about.php
小田瑞穂 http://lasta-school.jp/
川村景一 kawamura-sr.jp/
北井精一 kitaijimusho.blog84.fc2.com/
小嶋裕司 festinalentesr.jp/
辻本元彦 www.sr-shizuoka.or.jp/special/22070039.html
永井康幸 www.nagaiy-sr.jp/
藤倉靖浩 www.fujikura-sr.com/annai.htm
北條 靖 www.hojo-sr.jp/
増子雄一 www.masuko-office.jp/article/13311302.html
吉井章子 http://www.syougainenkin-support.com/
青木浩之  http://www.aoki-sr.com/index.html
飯田真一 iida-office.net/
今西昭一 http://www.srup21.or.jp/member_view.php?no=249
老松範子 http://kyotoroumu.jp
小倉絵里  http://www.sr-e-office.biz/
加藤賢一  http://www.roudouhoken.net/
金島伸吉 ameblo.jp/kaneshima-romu/ -
上志暁子 http://www.akatsuki-sr.com/index.html
高野純子 http://www.office-takano.jp/ 
藤多正明 fujita-sr.com/office.html
宮岡恵美 www.onno-sr.jp/
池内恵介 www.waseda-hm.com/
君島広樹 http://www.kimi-sr-mibu.com/
小林千晃 www.kobayashi-sr.biz/pc/contents23.html
高田綾子 http://srtakada.client.jp/index.html
西田隆子 http://www.nishida-support.jp/
西村静代 http://www5.ocn.ne.jp/~sharoegg/701.html
長谷川正富  http://www.sr-hasegawa.jp
小池克昌 www.koike-sharousi.jp/category/1463254.html
寺尾嘉代 http://profile.ameba.jp/happycat-terao/
西島 徹 www.nishijima-sr.com/
橋本 誠 www.hito-risk-management.com/ -
三輪公二 http://www.srup21.or.jp/index.html
山口栄一  http://www.yamaguchi-sr-jimusho.com/
加藤之敬  http://katoroumu.jp/
嶋崎博章 http://sil-con.jp/
白砂立志 www.sr-shirasuna.jp/category/1476931.html
菅原みゆき http://www.miyuki-sharoushi.com/
助川 馨 http://www.sukegawa-office.com/index.php?FrontPage
中島隆史 http://ponkotsu34naha.ti-da.net/c145494.html
中曽根 晃 http://www.nakasone-sr.jp/
南波 直 www.nanba-sr.jp/ 
濱村友和 www.storemanager-factory.com/profile.html
福本秀樹 www.fukumoto-sr.com/
前田忠宏 http://srtmaeda2013.jimdo.com/
青木光江 http://sr-roumu-aoki.com/profile/
岡村俊彦 http://www.oksrplus.com/
ア浦ひろ子 http://sakiura-sr.info/
篠田恭子 k4-da.net/
村田寛次 http://www.mkitc.com/
吉原 徹  http://www.sr-senryaku.com/office.html
江頭洋之 http://office-eto.jimdo.com/
大城悦コ www.office-oogi.jp/
岡本武臣 okamoto-silc.com/jimu.html
久保郁夫 www.kubo-sr-office.jp/
河野伸彦 www.b-mall.ne.jp
田中葉子 www.ytanaka-sr.jp/
塚原祐輔 www.sr-info.com/office/detail/660
廣部知樹 http://ameblo.jp/sakura-ki-sr/entry-11615137961.html
星野穣治 www.sr-hoshino.net/
山内秀男 ask-office.com/profile
岩瀬昌子 iwase-sr.com/
金丸 宏 www.kanamaru-sr.com/
松本奉幸 www.gin-kai.com/
和田徹也 syarousi.hirogarujiga.com/