11月30日に第1回「土台固め講座」を開催しました

11月30日 (土)に 第15期の
第1回「土台固め講座」を開催しました。
先週は月曜から雨がちでしたが
土曜日はきれいに晴れ上がりました。
そしてとても寒い日でしたね。

はじめに「土台固め講座」で
社会保険労務士の土台をつくろうという
お話ををいたしました。
次に、開業実践塾では
この土台の上になにをつくるのかを
お話いたしました。

私にとっては6月末の14期修了式以来
久しぶりに皆さんの前でお話したので
すこし緊張気味だったと思います。
でも皆さんが熱心にお聴きになっていて
時間の過ぎるのを忘れてお話いたしました。

皆さんにはこの講座ですこしでも
社会保険労務士が見えてきた
と思っていただければIMG_1648b.jpg
とってもうれしいです。











合格おめでとう!

     みごとに合格された みなさま

   合格 おめでとうございます!

   心から お祝い申し上げます

   そして ようこそ

   こちら側へ いらっしゃいました!

007b.jpg

---------------------------------

ここから下のメッセージは

「土台固め講座」のご案内と
〔今年修了した受講生の声〕が続きます

どうぞ 続けて読んでください







15期 奥田開業実践塾「土台固め講座」を開催します 1

皆さまは「社会保険労務士」を
どのようにとらえていらっしゃいますか。

合格して有資格者になったら、
「社会保険労務士」という部屋をのぞきます。
それは真っ暗な部屋に入り、
手さぐりでスイッチをさがすようなもの。
スイッチを見つけて灯りを点けて見たけれど、
中にあるものは何かまだよく分からない・・
こんな状況ではないでしょうか

奥田開業実践塾は、
導入講座である「土台固め講座」を開催し
社会保険労務士の部屋をご案内いたします。
社会保険労務士のイメージと方向性を
ご覧にいれます。
安心して

社会保険労務士の部屋へ入ることができます。
どうぞ「土台固め講座」へいらしてください。

11月30日(土) 14:00〜
12月14日(土) 14:00〜
どちらかへおいでください。

190912-02b IMG_1168.jpg

合格は基礎編だから

=合格は基礎編=
皆さま合格されて知識素材が揃いました。
ここまでが基礎編で、次は実践編です。
今度はこの知識材料をお客へ供するための
調理・加工方法を学びましょう。

これを「土台固め講座」で取組んでください
この講座に出れば
すぐに開業準備の土台ができるので、
開業活動は半年から1年短縮できます!
(0)より(1)からスタートの方が絶対いいです!
ゼロは時間の無駄 「無駄は悪!」です

●『土台固め講座』
この講座にだけ参加しても、
開業準備の初めから開業までの行程を
描けるようになります

●『奥田開業実践塾』
開業方法がまだ何も分からない人でも
中身を整えて開業することができます

ぜひ「土台固め講座」へご参加を!


11月30日(土)14:00 開場 14:30 開始
12月14日(土)14:00 開場 14:30 開始 
どちらかへおいでください。

講座時間:2時間〜2時間30分の予定

会場:
日暮里 「ホテルラングウッド」5階
    「サニーホール」 第一会議室
案内図:
https://mapfan.com/map/spots/SC3AH,J,4W0
(JR日暮里駅南口下車3分です)

お申込み:
メールで<okuda@okuda-office.com>へ
 1)お名前
 2)参加する日
 を記入されてお送り下さい。

参加費:2000円08  pho-笑顔4b.jpg
 参加される日の1週間前までに 
 下記へお振込み下さい。

振込先 ゆうちょ銀行
 名義  オクダヒロシ 
 記号  10000
 番号  37876221

※※※
キャンセルに,参加費の払戻しは
いたしませんのでご了承を。

「奥田開業実践塾」のご案内

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!! の方 へ

 

「土台固め講座」のあとに開業実践塾講座をご案内いたします

奥田開業実践塾は 

「自分で自分を社会保険労務士に仕立てる」

社会保険労務士-開業講座の中で唯一の「実践」講座です。

講座の中で、みなさんが自分で開業準備をしていきます。

奥田開業実践塾のキャッチフレーズは、だから

「自分で自分を社会保険労務士に仕立てる」です。

あなたが 自分で自分を社会保険労務士に仕立ててください。

 

奥田開業実践塾はこんな開業講座です

1.開業実践塾の開催期間 と 受講料

 作業時間は2週に1度の土曜日、全10回、

   これに就業規則の作成・添削が加わります

 1月から6か月かけます

 みなさんがしっかり身に着けて行くための最適な速度です

   受講料 176000円(消費税込)

 

2.毎回の講座は3部構成です

   9:30 〜 12:00 午前講座 開業準備をいたします

     13:00 〜 16:00 午後講座 みなさんの知識を実践向けに加工します

     16:00 〜 17:00 体験談  塾生の先輩から開業前後の実体験を聴きます

  昼休憩をはさんで6.5時間の3部構成、アッという間に時間が流れます

 

.事務所見学をいたします

 3つの異なるタイプの社会保険労務士事務所を見学します

 最初に社会保険労務士がどんな場所でやっているかのイメージを入れます

 

4.自己アピールのツールをつくります

 社会保険労務士になったことを世間にしらせましょう

 顧客開拓の第一歩です

 

5.サービス商品を提案します

 サービス業務を企画して、提案をしましょう 

 

6.就業規則をつくります

 自ら就業規則を作ることで、初めて社会保険労務士になります

 

7.補助書類などを紹介

 仕事をする上で必要な補助書類をご紹介します

 

8.独立・自立・自律への切替え

 独立し、個人事業主への切り替えをしましょう

  

さらに事務指定講習の取り組み方を説明

 これから事務指定講習を受ける方へ

 事務指定講習へ取り組む方法をご紹介いたします

 

181108.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



合格したあとの課題は

合格したあとの課題は
社会保険労務士の仕事を知ること
仕事を知って開業への道筋を付けること

奥田開業実践塾では自ら開業準備を整え
自分で自分を社会保険労務士に仕立てる塾
まず「土台固め講座」で「準備土台」をつくる

この講座に出るだけでも
すぐに開業準備の土台ができるので
あなたの準備は半年〜1年短縮できます。
ゼロスタートより1からスタートの方が
が絶対いい!
だからでないと損します。
ゼロは時間の無駄「悪」です。

ぜひ「土台固め講座」へご参加下さい。
(詳しいご案内は下を読んでください)

170408 郵便値上b.jpg

令和2年 開催 第15期 講座日程 ご案内

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

開業スタートダッシュ!! しましょう

令和2年開催の第15期の講座日程をご案内いたします。
これらの日程は計画段階で、現在会場を予約しつつあります。
これまでの会場予約では、
予定していた3月14日(土)が取れず
3月15日(日)になりました。
お間違えのないようよろしくお願いいたします。

15期 開業実践塾のスケジュール
  開催日    午後講座  体験談
            9:30〜12:00 13:00 〜 16:00 16:00 〜17:00
                     
@ 1 11    午前講座-1 山本 IT装備・    
A 1 25   3つの事務所見学    
B 2 8   午前講座-2 幸子 申請実務の基礎    
C 2 22   午前講座-3 渡邊 年金の基礎    
D 3 15   午前講座-4 永井 特定への準備    
E 3 28   午前講座-5 山内 助成金    
F 4 11   午前講座-6 永山 給与計算    
G 4 25   午前講座-7 岡村 電子申請の入口    
H 5 9   午前講座-8 藤堂 コーチング入門    
I 6 12   ( 就業規則-提出期限 )    
J 6 27   修了式と就業規則の意見交換など    
                     

〔14期修了生の声〕8

----------------------------------------
●『土台固め講座』
 この講座に一回参加するだけでも、
 開業準備の初めから開業までの行程を
 描けるようになります

●『奥田開業実践塾』
 いまは何も分からない人でも
 開業できるまでに指導いたします


-----------------------------------------

〔14期修了生の声〕8
 14期 奥田開業実践塾〔修了生の声〕
 8人目は高橋京子さんです。
----------------------------------------
私は、奥田開業実践塾に通学していました。
実は開業実践塾に通学しようかどうするか、
受講申込み期限ギリギリまで迷っていました。
社労士試験に合格した後は「事務指定講習を
受けておけばいいや」って漠然と考えて
いました。
しかしこのままだと「社労士試験に、ただ
合格しただけの人」で終わってしまう、
それだけは絶対なりたくないと思いました。
そこで「開業実践塾に通ってからこれからの
事を考えよう」と心に決め、開業実践塾の
通学を決意しました。

開業実践塾を受講した感想は「受講して良か
った」という言葉しか出てきません。


=では、受講の感想を具体的に=

「事務所見学で、3パターンの事務所を見学
 できた事」
他の事務所を見学することは、滅多にできな
いことだと思います。
本当に色々な面で勉強になりました。実務経
験のない私は、見ることすべてが新鮮でメモ
を取りまくり状態でした。「開業を考えている
人にはヒントになることが多い」です。

「開業実践塾のカリキュラムが、社労士にな
 るために必要な事が網羅されている」
どのような書類があり、どんな時に必要か?
書類の書き方って?という事から始まり、
他にもITの装備や必要物品など色々、奥田
先生はじめ他の講師の先生に丁寧に教えて
いただくことができました。
(本当に参考になりました。)

毎回の授業が終わると課題が出ますが、私は
いつも悪戦苦闘していました。どうにもまと
まらなくて、時には始発電車が走っていく音
が聞こえたこともありました。
しかしこの課題のおかげで「自分が今までに
気付かなかった面」も知ることができました。
そして、開業実践塾のカリキュラムを経験
しながら「社労士の心得」を学ぶ事ができ、
自分自身成長できたように思います。

「開業実践塾の先輩の体験談・懇親会は、
 初めの一歩を踏み出すきっかけになった」
実際に開業実践塾で学ばれた先輩の体験談を
拝聴して、本当に「色々な社労士道」があるな
と感じ、「開業もいいなぁ」という気持ちも
出てきました。今までは「開業もいいなぁ
なんて一度も思った事がありませんでしたが、
開業実践塾に通学してこの点は、大きく自分の
気持ちの中で変わった点かなと思っています。
毎回の授業のあとの懇親会は、温かい雰囲気で
色々な話を講師の方や先輩や仲間とした事で
とても有意義な時間を過ごす事ができました。

「いい仲間にめぐり逢えた、居心地がよかった」
これは本当に開業実践塾に通学してよかった
と思いました。
年齢や経歴も様々な同期の仲間に逢えた事は、
私にとって財産になりました。
「気軽に本音を話せる特別な仲間」ができて、
とてもうれしかったです。

最後に、奥田先生、小杉先生、講師の先生、
開業実践塾の先輩の皆様には、本当に感謝の
気持ちでいっぱいです。
半年の間、お世話になりました。
ありがとうございました。

〔14期修了生の声〕7 斎藤広之さん

-----------------------------------------

●『土台固め講座は、
 この講座に一回参加するだけでも、
 開業準備の初めから開業までの行程を
 描けるようになります』

●『奥田開業実践塾は
 たとえ何も分からない人でも
 開業できるまでに指導いたします』
-----------------------------------------
〔14期修了生の声〕
 14期 奥田開業実践塾〔修了生の声〕
 7人目は齋藤広幸さんです。
 齋藤広幸さんの業務は
  介護に特化するそうです。
-----------------------------------------
1.これ教えてもらってとっても良かった

 @名刺の自作ツールを知らなかった。
  現在は、外注することにメリットがある
  と感じているので、お願いしているが、
  最初は失敗作がたくさんできるので、
  業者に頼むよりもコスト削減できて
  助かった。

 A山本先生の講義「IT装備」が抜群に良か
  った。IT関係は単価が高い物が多く、
  その割に知識が乏しいので、何を購入
  たら良いのかとても悩んでいた。
  山本先生からのアドバイスを元に無駄な
  く備品整備をすることができ、現在も
  ストレス無く作業ができている。
  ScanSnapは今や必需品。手放せない。

  B第5回午前講座6回目の「契約範囲表」が
  今になって、とても役に立っている。
  奥田先生は、ツール関連の紹介のとき、
  「ふとした時に役立つときがあるので、こ
    んなもの見たことあったなあと、頭の片隅
    に置いておくと良いですよ」と都度おっし
    ゃっていた。「契約範囲表」を思い出すこと
    ができて良かった。
  テキストには今の自分には気が付かない
  お宝がたくさん眠っている。


2.同期の知り合いがたくさんできて
  頼もしいと思った

 C本当にその通りです。
  実務経験も無し、見込み客も無し、営業
   方法も知らない、とにかく自信が無い。
  こんな自分を、ためらわず素直に出せた

  のは奥田先生、小杉さん、塾で出会った
  仲間だけでした。


3.「第15期受講生」となる予定の皆様へ

 「土台固め講座」の存在を知ったなら、
 必ず参加した方が良いです。試験合格後は、
 社労士の卵向け講座の情報はたくさん入っ
 てきます。
 このような期間は今だけなので、色々な
 団体のプレ講座に参加してみるのも良い
 のではないでしょうか。私も色々と参加
 しました。
 「参加したら、勧誘に合うんじゃないか」
 「受講料以外に、費用が発生するのでは?」
 と心配な方、奥田塾でそれは無いので
 安心してください。
 「受講したら開業して成功できるのか」と
  心配な方、それは自分次第ですし、そんな
 講座は世の中に無いと思います。
 ただし、私の場合は、奥田塾の受講費用を
 振込んだのが、開業投資の第一歩となり、
 色々と動き出しました。この一歩はとても
 大きかったです。
 すでに営業できる相手や場所があるならば
 奥田塾やその他の開業塾などへは行かず、
 むしろそちらに時間とお金を使うべきだと
 思います。
 でも今、何もないならば、開業に向けた
 第一歩に、奥田塾を選ぶのは決して間違い
 ではないですよ。       以上

07  齋藤(写真)b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〔14期修了生の声〕6 今西政宣さん

〔14期修了生の声〕6 今西政宣さん
14期 奥田開業実践塾〔修了生の声〕
6人目は今西政宣さんです。
 4月の受講中に開業され、
 現在順調にお仕事をされています。
---------------------------------------
「何よりの成果は、
なんでも相談出来る仲間が持てたこと」
               今西正宣

第14期奥田開業実践塾に参加した
感想を述べます。
わたくしは、60歳の定年退職を翌年の3月
に控えた12月に、定年になってからと考え
ていた、開業に必要な知識を学ぼうと決め、
この奥田開業実践塾に参加を決めました。
4月に開業登録をしましたので、開業実践塾
と並行しての開業でした。

開業実践塾で毎回提出を求められる課題は、
開業あいさつをはじめとして、開業をする者
としてはまさにタイムリーな内容でした。
そして、先生が毎回提供して下さる契約書等
の様式は、自分が一番不安としていたもので、
開業にあたり、とてもありがたいものでした。
就業規則の作成課題は、労務全般の知識見直
しに最適です。そして今回の何よりの成果は、
同じ社労士として何事の相談も出来る仲間が
持てたことだと考えています。

以上から、開業実践塾への参加については、
自分の社労士開業にとても有意義なもので
あったと考えています。

以上から、開業実践塾への参加については、
自分の社労士開業にとても有意義なもので
あったと考えています。
しかし、参加の時期としては、開業と同時期
ではなく、開業までに少し余裕のある時期が
良かったのではないかと考えています。
開業から3カ月〜4カ月はほんとにバタバタ
しましたので、開業実践塾の終了後に時間を
かけて開業準備が出来たら良かったのかなと
考えています。
今現在、仕事は少ないながらも、開業実践塾
で学んだことを活かしながら業務をして
います。
奥田先生、小杉先生そして第14期の皆さん
どうもありがとうございました。

第15期の皆さんも
どうぞ価値ある時をお過ごし下さい。

06  今西(写真)b.jpg












〔14期修了生の声〕5 YTさん

14期 奥田開業実践塾〔修了生の声〕
5人目はYTさんです
名前は まだ勤めているので イニシャルで
お願いいたします

=もうすぐ開業しよう・・・= 

以前から何となく描いていた社会保険労務
士の開業を、昨年に実践しようと思い立ちま
した。
社会保険労務士の試験には2010年に合格し、
人事の仕事をしていた私はすぐに勤務登録、
2015年に特定付記していましたが、会社の
業務で一部を使用するのみで、ほとんど資格
を眠らせていました。

開業を思い立ったものの、事業会社の勤務社
労士である私は、何から始めて良いか分から
ず、都の社労士会で開業準備講座、実務修習
を受講しましたが、もっと開業にあたっての
実践的なセミナーを受講したいと考えていま
した。

そこで、特定社労士を取得した際に同グルー
プだった友人の社労士に、良い開業セミナー
がないか尋ね、奥田先生の開業実践塾を紹介
してもらいました。

奥田開業実践塾は3部構成。
午前中は奥田先生の開業にあたっての心構え
や営業ツールの講義、午後は現在開業されて
いる先生等から、開業にあたって必要となる
実践的な知識の講義、夕方からは当塾の卒業
生で開業されている先生の開業体験談となっ
ています。

また、各回で課題が出され、提出することで、
営業ツール等が出来上がっていく構成となっ
ています。

私はこの塾を受講し、何となくやっていける
んじゃないかと思っていた開業について、奥
田先生から課題にダメ出しを受けることによ
って、認識が甘かったことを痛感し、気を引
き締めるきっかけになりました。

ただその中でも、最後の就業規則の課題では
初めて褒めていただき、これから開業するに
あたっての励みにもなりました。

唯一、私が知りたかったことで、余りお聞き
できなかったのは、社労士として食べていけ
ない時代に、皆さんは何をして食べているか
だったので、その泥臭い体験がお聞きできれ
ば更に良かったなと感じています。

この塾を受講すると前述のような気付きを得
られるだけではなく、個人事業主である社労
士でも同期を創ることができます。
私はこの同期の紹介で、当塾の先輩方がいら
っしゃる、有志の勉強会に参加することもで
きました。

私はこの塾により、他にも諸々得るものはあ
りましたが、このように師と仲間を得ること
ができたことが、最も有意義だったと感じて
います。

「ゼロは悪!」 =「土台固め講座」のご案内=

「ゼロは悪!」
=開業実践塾「土台固め講座」のご案内=
こんにちは、開業実践塾の奥田です。


・有資格者の方へ
・勤務社会保険労務士の方へ
・開業されて間もない方へ

試験への合格は
労働法・社会保険法に精通していると
国が保証してくれたこと。
社会保険労務士を開業していいと
認めてくれたこと

でも、知識はあるが、使ったことがない。
これはちょっと不安です。そこで
知識の使い方・実践方法を習得しましょう。
開業実践塾が実践の仕方をご案内します。

まず「土台固め講座」へ参加してください。
この講座は「開業実践塾」の導入講座ですが
この講座に参加されますと
実践方法を俯瞰的に見渡せて
社会保険労務士のイメージが分かります。

「土台固め講座」だけに参加され
社会保険労務士のイメージと
方向性をつかんでいただくだけでも
大変役に立つことを保証いたします。

「土台固め講座」へ参加されますと
ひとりで手掛かりを探す手間と時間を、
半年から1年は省略できるでしょう。

ゼロスタートと1からスタートの違いは
このような差が生じるのです。
この時間の差は取り戻せません。

だから「ゼロは悪!」です。
=奥田開業実践塾=
14期まで 351人が修了
開業は(約6割)200人以上と推定

--------------------------------------
「土台固め講座」は有料です。
だんぜん興味がわいたから
【ぜひ2000円を払って聴いてみよう!】
という方をお待ちいたします。

「土台固め講座」へ参加の後、本講座である
「15期-奥田開業実践塾」を申し込まれる方は
受講料からこの2000円を差し引きます。

聞かないよりは、聞いても損はありません。
「ちょっと、騙されたと思って」という
くらいのお気持ちでご参加ください。
11月30日  (土) 
14:00 開場  14:30 開始
12月14日  (土) 
14:00 開場  14:30 開始
どちらかへおいでください。
各回とも 30名 定員です。
講座時間:
2時間〜2時間30分 の予定です。

会場:
日暮里 「ホテルラングウッド」5階
    「サニーホール」 第一会議室
案内図:
https://mapfan.com/map/spots/SC3AH,J,4W0
(JR日暮里駅南口下車 3分です)

お申込み:
このHP「お申込」欄へ

1)お名前
2)参加する日   
を書き入れてお送り下さるよう
お願いいたします。

またはメールで
<okuda@okuda-office.com>へ


参加費:
参加される日の1週間前までに
下記へお振込み下さいますよう
よろしくお願いいたします。

振込先 ゆうちょ銀行
名義  オクダヒロシ
記号  10000
番号  37876221

※※※
お振込されたあとのキャンセルに
参加費の払戻しはいたしませんので
ご了承をお願い申し上げます。


以上、よろしくお願い申し上げます。
お申込みをお待ちしております。

 

 

pho-笑顔2b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「エイヤ!」15期 奥田開業実践塾「土台固め講座」へのご案内

まだやったことのないことをするときは
未知への不安があります。
するかしないかの判断基準がありません。
だったら残るは【決断】するだけ。
「ヨシやるぞ!」と決断すること。

決断するとき「エイヤ!」と声をかけます。
「エイヤ!」は勇気を出す掛け声。

そして一歩を踏み出すと、
これまでのモヤモヤが一気に晴れます。
思った以上にスッキリし、
新たな勇気が湧いてきます。

まず1歩を踏み出してください。
何もしないのはゼロ。「ゼロは悪」です。
--------------------------------------------
開業準備の土台固めは絶対に必要です。

土台固め講座」は土台の作り方の話です。
「社会保険労務士になる」判断資料を提供する
参考講座です。
参加するのに決断も勇気も要りません。

「土台固め講座」は有料ですので
メールで申込み、2,000円を振込んでください。
--------------------------------------------
・まあちょっとのぞいて見ようか
・俄然興味がわいた!
という方をお待ちいたします。

「土台固め講座」へ参加の後、本講座である
「15期-奥田開業実践塾」を申し込まれる方は
受講料からこの2,000円を差し引きます。

「ちょっと騙されたと思ってでようかな」
というくらいのお気持ちでご参加ください。

 11月30日 (土) 14:00 開場 14:30 開始
 12月14日 (土) 14:00 開場 14:30 開始 

どちらかへおいでください。
各回とも 30名 定員です。

講座時間:
 2時間〜2時間30分 の予定です。

会場:
 日暮里 「ホテルラングウッド」5階
    「サニーホール」 第一会議室

案内図:
 https://mapfan.com/map/spots/SC3AH,J,4W0
(JR日暮里駅南口下車 3分です)

お申込み:
  このホームページの「お申込」欄から
  またはメールで<okuda@okuda-office.com>へ
  1)お名前
  2)参加する日   
  を書き入れてお送り下さるよう
  お願いいたします。

参加費:
 参加される日の1週間前までに
 下記へお振込み下さいますよう
 よろしくお願いいたします。

振込先 ゆうちょ銀行
 名義  オクダヒロシ

pho-笑顔4b.jpg

 記号  10000

 番号  37876221

※※※
振込まれたあとにキャンセルされても
参加費の払戻しはいたしませんので
ご了承をお願い申し上げます。

以上、よろしくお願い申し上げます。
お申込みをお待ちしております。

 

奥田博 私は社会保険労務士開業の仕掛け人

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ


 開業から23年、私は「社会保険労務士開業の仕掛け人」です。

 私も開業するときに開業講座へ通いましたが、その講座で学んだことはあまり開業に役立ちませんでした。もっと開業に役立つ講座が必要だなと思いつづけて10年間、社会保険労務士業の経験を重ねました。

 そして開業から10年後に開業実践塾を開きました。その名の通り実際の仕事の役に立つ講座です。

開業実践塾のモットーは「自分で自分を社会保険労務士に仕立てる」です。

 自分を仕立てていくと不安が消えて社会保険労務士が見えてきます。

 皆さんには講座で「開業案内状」や「事務所案内」などを作って頂きます。「就業規則の作成」は社会保険労務士の基本であり開業準備の中でもとくに重要です。こうして開業を準備しながら自分を仕立てていきます。

 講座が修了したときは皆さんの開業準備が出来上がっていますから、自信を持って社会保険労務士を開業スタートしてください。そしてみんながどんどん開業し、みんなで社会保険労務士をより深く社会へ浸透させて行きましょう。

 

 これまで14期(回)開催し、修了生351人以上、開業社会保険労務士は200人以上になります。

DSC_4406★.jpg










開業セミナーのタイプ

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

 

開業講座にはいろいろなタイプがあります。

1)イベント型 1泊2日などで開業に向けて元気づけるもの

2)短期収集型 5〜8回くらいを土日連続で開催されるもの
  短期で全体的に講座が組まれています。
  短い期間に集中して行われるので、
  参加者の頭はキャパシティーオーバーになります。
  このため一通り教わってもあまり残りません。

3)開業実践塾は、月に2回、6ヵ月間 開催いたします。
  ほぼ1週間おきなので、1回ごとに反芻する時間があります。
  また、皆さんに自分を仕立てるための課題をお出しし、
  これを添削する時間も必要なので、このペースになります。
  こうして、講座が終わるころに皆さんの開業準備が整います。

「土台固め講座」で事務指定講習を説明します

「土台固め講座」のあとで
【事務指定講習】取り組み方の説明を行います


社会保険労務士試験に合格しても
2年以上の実務経験がないと開業できません
この、2年以上の実務経験があるとみなしてもらえるのが
「事務指定講習」でした。

 

 

講習の方法・日程・どのように取り組むべきか

などをご説明申し上げます。
テキスト見本をごらんいただけます。
ここでまず事務指定講習のイメージをもってください

この説明をお聴きいただいた後で、
学習効率3倍アップを保証いたします。 

 

「14期修了生の声」4=苦労して掴んだ合格だから何とかしたい!=

「14期修了生の声」

4人目は愛知県から通われた安藤さんです

=こんなに苦労して掴んだ合格だから

何とかしたい!=

---------------------------------------------

私は愛知県豊田市から通いました。

奥田塾に出逢わなかったら、今の私はあり

ません。奥田先生と仲間が私を社労士に

させてくれました。

 

私はすでに合格して登録はしたものの、

なにも変わらない日々を過ごしていました。

でも心の中ではいつも

「こんなに苦労して掴んだ合格だから

何とかしたい」と思い詰めていました。

そんなとき この塾と巡りあいました。

 

塾の課題は毎回大変で、とても苦しみました。

ですが、これは自分自身を見つめる、

よいきっかけになりました。

先生はそれを私の強みとして引き出して

くれました。

先生の講義は、社労士になる自分を毎回

ワクワクさせてくれました。

私も社労士になろう!とはっきり決断させて

くれました。

それはまさしく社労士の実践だからです。

 

先生は最後にこんな言葉をくださいました。

「会社の経営者と社労士の二刀流は、

誰もやってない事ですからぜひやり通して

ください!あなたはそれを強みにして

頑張れるでしょう!」と。

 

ありがとうございました、奥田塾!

 

15期生の皆さん

お会いできる日を楽しみにしています。

 

安藤清美

04   安藤(写真)b.jpg

〔14期の声〕3 「実務や事務所運営のいろはも分からない」

2019年に開催いたしました
14期 奥田開業実践塾〔修了生の声〕
3人目は 吉川和男さんです
---------------------------------------------

「実務や事務所運営のいろはも分からない」
               吉川和男

私は長いサラリーマン生活を終えた2018年
11月、第50回の本試験に合格出来ましたが、
嬉しさもほんの一瞬。人事労務業務の経験の
無い私は、さらに事務指定講習をクリアしな
ければなりませんでした。

 実務や事務所運営のいろはも分からない自
分が、果たして社労士の世界に飛び込む事が
出来るのか?そんな不安でスッキリしない日
を送っていた時、塾の修了生から奥田開業実
践塾を紹介されました。

 早速ホームページで講座の概要を確認する
と他の開業塾には無い魅力を感じました。
でも受講するのは事務指定講習を終えた後の
1年後にするか?という迷いもありましたが、
本講座のオリエンテーションとも言うべき土
台固め講座だけでも受けてみようという気に
なりました。

 結果はいうまでもありませんが、約半年間
の受講を通じて奥田塾14期の同期生、同塾を
修了された諸先輩先生方との素晴らしい絆を
得ると共に、開業に向けた不安も少しずつ和
らぎ、今は一歩一歩開業準備を進めています。
まずは気軽に基礎編「開業土台固め講座」
だけでも受講してみてはいかがでしょう!

新しい社労士仲間との出会いがあるかも??

〔14期 修了生の声〕2 「絶妙なペースで自分を育んだ6ヵ月」安松寿行

01  安松.png〔14期 修了生の声〕2                
2019年開催の14期開業実践塾
受講修了生の感想を順次ご紹介しています
今回は2人目 安松寿行さんの〔声〕です
---------------------------------------

「絶妙なペースで自分を育んだ6ヵ月」

        14期生  安松寿行

最初に奥田開業塾ホームページを見た時、

「これだ!」と感じました。奥田先生のお人

柄や、塾のアットホームな雰囲気、他の塾に

はない手作り感を感じました。

受講後に開業する方の比率が高いという点も、

奥田開業塾の本気度を測るバロメータとなり、

12月の(土台固め講座)オリエンテーション

に参加後、申し込みを即決いたしました。

カリキュラムは開業社労士としての必須の

知識を体系立てて疑似体験できる内容です。

これに加えて社労士として考え方や心構えに

ついても、奥田先生が折に触れてお話しされ、

この点も非常に良かったです。

期間は6カ月で、2週間に1回(土曜日)、

9:30〜17:00、加えて提出課題もありました。

このペースも絶妙で、開業に向け、ゆっくりと

しかし着実に準備を整えることが出来ました。

受講を通じて特に苦労したのは、毎回出さ

れる課題です。自分のプロフィール、助成金

のチラシ、開業の向けての作業工程表などの

作成をいたしました。

就業規則はモデル企業を想定してから作成す

るという手順でした。

私にとって初めての経験ばかりで、特に営業

用のチラシに関しては大変苦労しました。

今まで使ってきた脳とは違う部分を酷使しな

くてはならない経験でした。しかし、こういっ

た課題も社労士としての必修科目であり、大変

よい経験が出来たと思います。

また、6カ月の受講期間を通じて何でも相談

できる同期の仲間が出来たことも、大きな財産

になりました。

〔14期 修了生の声〕1 平井有希子

〔14期 修了生の声〕

2019年開催の14期開業実践塾

 受講修了生の感想を順次ご紹介いたします

                  平井 有希子

「こんなところでやるのかぁ」ビルの入り口

からエレベータのところまで歩いて行くうち

ガクッとしました。

奥田塾の説明会で、銀座の中小企業会館に

出向いたときのこと。これから半年も通うの

なら、正直もう少し明るい所がいいな、どう

しようかなと感じました。

実は合格した2017年、別の開業塾の説明会

に行ってみましたが、短期間だったのでそこ

は見送り。私は準備をゆっくり進めていきた

かったこと、就業規則を自分で作るという点

に惹かれて奥田塾にしようと決めました。

会場は、結局、講座は日暮里の貸会議室で

行われました。明るくきれいな所でした。

ちらですべての講義を受けられたので、

会場の心配は杞憂に終わりました。

 

奥田塾ではたくさんのことを教えていただき

感謝しかありませんが・・・

絞りに絞って、よかったこと3つ      

 

@  課題をやっていくと準備が整っていく

→(全て必要!)

 (例)事務所を借りるのに事業資金計画が

必要だったが、タイミングよく、課題でま

とめたのを元に作成できた。課題で配布さ

れたエクセルのフォーマットが助かった!

A 奥田塾先輩方の体験談、その後の繋がりが

できた。所属している支部にも、今仕事して

いる先にも奥田塾の先輩方がいらっしゃり、

親しくさせていただいてもらっている

B   同期の仲間 刺激と助け合い

  少し先を走っている仲間の話を聞き、刺激

を受ける。こうした方がいいよとか気軽に

アドバイスをもらえる、得意分野のある仲

間がいるのは心強い、などなど。

 

奥田塾は真冬にスタートし、日常と課題に追

われて、気がつくと半袖の時期になります。

奥田先生、小杉先生の下、同期の仲間たちと

歩んできた半年は、社労士の土台作りとなる

貴重な時間です。これからの励みとなります。 

どうもありがとうございました!02 平井(写真).jpg

平井 有希子











6月29日、14期開業実践塾の修了講座を迎えました

6月29日、14期開業実践塾の修了講座を迎えました。
受講生たちは5月12日から1カ月かけて
就業規則を作りました。
これを先輩の添削者7人が手分けして添削し、
コメントを入れてもらい、
そのあと私も全員分を拝見してコメントを入れました。
これ毎回ながら私にはちょっときつい作業です。


修了式の前に私の作業が終え、
全員に全員分のコメント付き就業規則をネットで配信しました。


これによって仲間はどんな就業規則をつくり
どこにどんなコメントが入ったかが分かります。
全員のを見ることで、就業規則はどうつくるべきかが見えてきます。
ちょっと気の利いたビックデータになっています。


午前の修了講座は、出来上がった就業規則を
お客様にどのように提案するか
労働基準監督署へはどんな形式で届け出るのか
などを説明しました。


午後に1時間、鈴木さんの体験談が入りました。
これ以外は午後も私が通しで担当いたしました。
午後4時、みなさんに修了証書をお渡しいたしました。
そのあとに記念の集合写真の撮影をしました。


そして最後の懇親会へ移りました。
受講生のみなさんは、
きつかった就業規則が出来上がった解放感と、
これでお別れになるという寂しさが入り混じり
やや興奮気味に歓談していました。
およそ2時間のあと
最後の1本締めで14期は終わりを告げました。

B_1149.jpgB_1166.jpg

B_1168.jpgB_1199.jpg

第9回開業実践塾が終了いたしました

5月11日、第9回開業実践塾が終了いたしました。
午前講座は年度更新の作成手順などを説明いたしました。
概算確定申告書に書き込むまでの集計手順を具体的に説明いたしました。

集計をするためには給与明細書が読めなければなりません。
給与明細書の読み方は、第8回で手計算を復習して確認いたしました。
そうして集計の手順を説明しましたが、実際には細かくて手間がかかります。
でも給与計算を受けてないお客様では、
年度更新を行うことでその会社の中身を垣間見ることができます。
だから年度更新は大切な仕事です。

午後は電子申請のインストールのご案内でした。
電子申請の実態はあまりかんばしくありませんが、
世の中の流れは電子申請なので、避けて通ることはできません。
受講生にはすこしでも電子申請の雰囲気に触れていただきたいと思います。

体験談は岩瀬昌子さんにお願いいたしました。

これで14期奥田開業実践塾は
受講生のみなさんから提出課題である「就業規則」を待つステップに入ります。
これらの就業規則を添削スタッフと私が拝見したあと
6月29日に修了式を迎えます。
この日もいつも通りに9時30分から講義を行います。
そして午後の終わりに修了証書をお渡しいたします。
そして14期 奥田開業実践塾は幕を閉じます。

IMG_0796b.jpg

IMG_0808b.jpg


 

 

 

 

 

 

IMG_0901b.jpg

第8回 開業実践塾のご報告

10連休の初日に第8回開業実践塾を開催しました。
今回で就業規則講座が終了いたしました。
そこで修了課題である就業規則を作成してもらうために
「就業規則作成の手引」を配布して、
就業規則を作る際のルールを説明いたしました。
午後講座は天野常彦様に「問題解決技法」をお願いいたしました。
体験談を神野朋美さんにお願いいたしました。

14期の講座がいよいよ大詰めに近づいてきました。
受講生に14期の名前を付けてくださいとお願いしてありました。
ただの「14期」だとちっとも面白くないので、
各期ごとに名前をつけてもらっています。
名前を付けてもらうと、
途端にその期が活き活きしてくるから不思議です。

これまでは七海会、八起会、九星会など、
その期の数字にこだわるものがほとんどです。
でも14だとさすがにもうないだろうと思っていたのですが
「幾望(きぼう)会」に決まりました。
幾望とは14夜の月のことだそうです。

荒井由実の「14番目の月」をヒントにしたとのこと
さがしてくるもんだなぁと感心いたしました。

IMG_0460b.jpgIMG_0496b.jpg

 

 

IMG_0591b.jpg

 

4月13日(土) 第7回開業実践塾を行いました

4月13日(土) 第7回開業実践塾を行いました
開業準備をいろいろな角度で行う午前講座では
就業規則:賃金・解雇・他
午後は社会保険労務士の安定収入となる給与計算を
永山悦子さんにお話いただきました。
体験談は会計事務所の職員と社会保険労務士と
2足の草鞋で頑張っている鈴木慎也さんにお願いいたしました。

そのあとの懇親会のとき、話の流れで
「修了生のための開業実践塾があるといい」という声が出ました。
そうかなるほど、それはいいかも知れないと思いました。
たしかにそうなのです。
開業実践塾では開業のための基礎編を学んだのでした。
そして開業し実践活動をすると、さらにいろいろな疑問が生まれるものです。
どうしてもうまくいかないことにぶつかることがあるでしょう。
こんなときどうしたらいいのかを聞きたい、聞く機会があるといいですね。
どうすればこうした要望を実現できるのか
また宿題をもらいました。

IMG_0269b.jpgIMG_0295b.jpg

 

 

IMG_0342b.jpg

 

 

第6回開業実践塾を3月23日開催しました

=3月23日、第6回開業実践塾を開催しました=

午前講座:講師 奥田博
目玉商品チラシのコンクール結果を披露しました。
作品はどれも素直な表現で、面白さはいまいち
さらなる大胆さが必要です。
今回の就業規則は「休暇」を扱いました。
モデル就業規則の慶弔休暇は表現不足の理由を説明しました。
今回の提出課題は「開業準備作業工程表」の作成です。

午後講座:講師 渡邊順子さん
年金では年金相談を受ける勉強の土台である年金資料の読み方が主題です。
障害年金では「診療初日」明記の大切さを確認しました。

体験談:金丸宏さん
以前、俳優をやっていたというだけあって
体験談はパフォーマンスそのもの体験談というより、
むしろ独演会という感じで大いに受けました。

IMG_0040b.jpgIMG_0108b.jpg

IMG_0200b.jpg

= 開業実践塾は5回目に入りました=

午前講座は、「36協定届」と「1年単位変形労働届」で
年間総労働時間などの算出方法を行いました。

今回紹介した本は、竹内謙礼著
「売上がドカンと上がるキャッチコピーの作り方」

強烈なキャッチコピーで社長をナンパしなさい。
通りすがりの人を振り向かせ、足を止めさせること!
と訴えました。

午後講座は永井康幸さんに
「労働法を体系化して理解する」ことを説明していただきました。

今回体験談は会場を借りた時間が足りず
省略となりました。

IMG_9205b.jpgIMG_9221b.jpg

 

 

 

 

IMG_9257b.jpg

 

 

 

 

 

3回目開業実践塾開催しました

2月9日、14期開業実践塾の3回目を開催いたしました。

午前講座:
厚生労働省の「モデル就業規則」から
条文だけを抜粋したものを配布いたしました。
これは本塾の「就業規則講座」基本資料です。
昨日からこれを使って講義を始めました。
講義内容では、条文解釈はほとんど行わず、
企業ではどのように使われているかをお話しします。

 

午後講座:講師-奥田幸子
申請実務の基本である資格取得と資格喪失書類の
書き方とその意味付けを説明いたしました。

 

体験談:8期生、山内秀男さんにお願いいたしました。
真面目に着実に歩まれている方です。
受講生は真剣に聴いていました。
とても参考になったと思います。

IMG_8762b.jpgIMG_8822b.jpg

 

 

IMG_8886b.jpg

 

12月8日「土台固め講座」3回目を開催いたしました

14期開業実践塾の「土台固め講座」
「開業実践塾オリエンテーション」はこれで終了いたしました
なお
この講座に参加したかったという方へ:
この講座をテキストおよび、
録音と一部動画で作成した資料を
用意いたしております

ご希望される方は
100円切手 20枚を 奥田事務所へお送りください
返信用の〒・住所・氏名もお願いいたします。

IMG_8331b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------
〒101-0041
千代田区神田須田町 1-8-3-706
奥田事務所
----------------------------------------------------

13期生の声1「奥田開業実践塾を振り返って」小野靖樹

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

2018年の受講生から感想文をいただきました。

これからどうしようか考えている方、迷っている方の参考になればうれしいです。

------------------------------------------------------------------------

「奥田開業実践塾を振り返って」        13期 小野靖樹

 

 私は社会保険労務士試験に合格後、勤務社労士(その他)として社労士会に登録しました。開業を目指していたので、開業する前に社労士としての知識をしっかり身につけておきたいと思い、社労士会が主催する講習会をかたっぱしから受講。社労士会以外の勉強会や研究会にも時間の許すかぎり参加しました。そうすることが開業への近道だと、その時は考えたのです。

 確かに知識はそれなりに身についていきました。しかし、そうなればなったで、新たに勉強をする必要が出てきます。あれも必要、これもやっておこうと、あちこち首を突っ込んでいるうちに、どんどん時間を費やすばかり。勉強すればするほど、開業のハードルが高く感じられるようになってしまいました。

 そこで、これではいけないと思い立ち、開業に必要なことを集中して身につけたいと考え、奥田開業実践塾の門をたたいた次第です。

 

 奥田塾の時間割は、午前9時半から午後5時までです。午前中は奥田先生が主に担当。毎回課題が設定され、プロフィールや自己アピールのまとめ、事務所案内の作成、目玉商品づくりなど、開業や事務所運営にかかわる事項を習得。午後からは各講師により、電子申請、HP活用、給与計算、年金、助成金申請といったテーマごとに、社労士の仕事に直結する内容を学びました。また、午後の最後の1時間、奥田塾のOB・OGの皆さまから、開業後の実践談を聴く時間が毎回設けられています。

 

 目玉商品づくりをすることで自分が担う業務の絞りこみができましたし、分かりやすい講義のおかげで給与計算や電子申請への苦手意識が和らぎました。プロフィールや自己アピールをあらためて書いてみて、自分を見つめ直すよい機会にもなりました。

 

奥田塾では、多くの知識、ノウハウを身につけさせていただきました。しかし、講座を通して得られたのは、知識やノウハウだけではありませんでした。何より貴重だったのは、講師の方々、奥田塾OB・OGの方々の実践に裏付けされた話を直接聴くことができたことだったと思っています。

 

講師の先生方からは、複雑な案件やグレーゾーンの対応で、「私の事務所ではこうやっています」「私はこういう考えで対応しています」と、本音ベースで語っていただけました。ですから、「へえ、実際はそうやって対応するのか」と、目から鱗の連続だったことを覚えています。また、OB・OGの皆さまには、「よくぞここまで語ってもらえるものだ」という開業秘話を披露していただけました。ここで聴けたお話は、私がこれからどんな仕事をするにせよ、今後に生かせる内容が盛りだくさんでした。

 

 社労士試験に合格後、開業に向けたハードルが高いと感じている方は数多くいらっしゃると思います。私に関していえば、奥田塾を修了してハードルはゼロになったとは言いませんが、ほとんどなくなりました。開業のハードルを乗り越えたいと思っていらっしゃる方、開業後に壁を感じておられる方に、奥田開業実践塾を受講されることをお勧めします。

13期生の声2「奥田開業塾を受講して」宮内正子

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

奥田開業塾を受講して                13期 宮内正子

 私は事務指定講習の教材が送られてきて、どう手を付けてよいか戸惑ってい
た時に、奥田先生からアドバイスのメールをいただきました。 その時から、
奥田開業塾の講座を受講することを、きめていました。
「自分を社会保険労務士にしたてる」ために、挨拶状、事務所案内、プロフィ
ール、ホームページの作り方など、色々学びました。

 卒業生の先輩たちの体験談も、生の声なので、現実的で、社労士の仕事を身
近に感じることができました。先輩たちに感謝です!

 卒業課題は就業規則の作成でした。奥田先生から、「小学生でも理解できる
就業規則を作る」をよく言われました。これが、難しく、どの専門用語をやめ
たらよいか、使ったほうが良いか、主語、述語をわかりやすくする、など大変
でした。

 この点から思うことは、最終提出日より2週間くらい前に就業規則作成にあた
って、質問タイムの授業がほしかったです。そしたら、もっと、いい就業規則
ができた気がします。できた就業規則も、もう少しお互いに質問、意見できる
時間が欲しかったです。これが、少し消化不良になって残っています。もしか
したら、今後より良い就業規則を作るために、このように感じさせる計算なん
でしょうか。

 奥田開業塾に参加して、氏と呼べる先生と仲間ができて、良かったです。

宮内正子b.jpg








 

 

 

13期生の声 3「奥田塾から旅立とう」   13期  丹羽 雅

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

奥田塾から旅立とう               奥田塾第13期生 丹羽 雅

 

 奥田塾第13期生として2018年に学べたことに、今感謝の気持ちでいっぱいです。もし社会保険労務士の試験に合格した方がその先の一歩を踏み出したいと思われたなら、いつかは(できれば今年)受講していただきたい、楽しくてためになる講座です。

 私は、1991年に合格。当時35歳、開業はしませんでした。2016年に社会保険労務士開業のための奥田塾を知りました。今、2018年は介護を通して人の役に立つ社会保険労務士をライフワークとできるよう、介護職の一員として現場にいます。

 奥田塾では、素敵な『社会保険労務士である人』に出会えます。

 奥田先生、小杉先生の温かい人柄はもちろん、講義や懇親会でお話くださった10数名の先輩社労士の先生、10人の同期生からも多くのリスペクトすべき自分にないものを学ばせていただきました。ありがとうございます。

 これから奥田塾で学ばれる方と、いつかどこかで出会えることを楽しみにしています。

13声-丹羽a.png













13期生の声 4 「受講を終えて」 M・N

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

13期生の声 4 「受講を終えて」 M.N

 

 資格取得から数年たち、子育てをする中で、このまま時をかさねていいのだろうか、

悩んでいた時に奥田先生のホームページを見つけました。当時、1歳の子供がおりま

したので、説明会に行った後も、受講をなやんでいました。通信・通学の両方という

形を取らせてくださるということで、おもいきって受講しました。

 

 プロフィールや、事務所概要・目玉商品・就業規則と課題に取り組むことを通じて

自分に向き合ううちに、自身の足りないものを再確認し、先の見えなかった社労士人

生の霧が少しづつ晴れていったように感じました。この塾のいいところは、やはり刺

激しあえる仲間に出会えるということです。皆さんの熱意や取り組みに、自身を振り

返り、問いかける日々でした。困ったときは話を聞いてくれる仲間にも出会えました。

 

 最後の授業で先生が「何かを形にする喜びが楽しい」とおっしゃっていたことがと

ても心に残りました。様々な修行を積み、近い将来、何かを形にし、それをよろこん

でいただき、社会に貢献できる社労士になりたいと思っています。課題でつくった目

玉商品を一日も早く提供できるよう、日々勉強中です。奥田塾に通うと、不安が消え、

自身がつきます。しかし、最後の扉を開くのは自分自身だと思います。

 

「土台固め講座」は、主にこんな内容で進めます

開業まもない方・有資格者の方・合格おめでとう!の方 へ

1.社会保険労務士の位置と役割を正しく認識する
  1)現在の位置 
  2)社士の位置 
  3)社士の役割 

   旅行には出発地があり、そこから旅が始まります。
 目的地を決めることで旅行計画を立て始めることができます。
 では「社会保険労務士の現在地はどこか」
 試験に合格したけれど、開業はしていないという地点でしょうか。
 まずここをスタート地点としましょう。
 そうして社会保険労務士事業の計画をつくっていきましょう。

2.基本戦略:開業実践塾の目標
  【 自分で自分を社会保険労務士に仕立てる 
  この考え方が当塾の根幹になっています

 聞きっぱなしの講座だと後に残るものは少なく、やがて消えていきます。
   開業実践塾は聴くだけの座学ではありません。
 皆さんが開業するにあたり、必要なものやツールをご自分で作っていく塾です。
 私は皆さんが作るときのポイントやヒントをお出ししますが、作るのは皆さんです。
 しかし作り始めるとなかなか思うようには行きません。
 それでも「自分で自分を仕立ててください。」
 「仕立てる」とは、皆さんが「もう一人の自分」を立てて見つめ、
 ああでもない、こうでもないと、外側から調整してしていくことです。


3.経営理念・基本戦略を持つ
  戦略を立てれば、やるべきことが見えてくる

 難しく考えず「私はこういう社会保険労務士になる」と決め、
 「そのためにはこうしよう」という方法を考えることです。
 でも「ああ、分かりました!」というほど簡単には決まりませんね。

 ではここでちょっと横にそれて「方法」に取り組みましょう。
4.方法: 
  1)モノの準備
  2)書類の準備
  3)自己宣伝
  4)仕事の提案
  5)知識をお客様仕様へ仕立て直し

  6)就業規則の作成→培った知識を身体に浸透させる

 まずモノや書類などをそろえて行きましょう。
 モノの準備・書類の準備など「形から入る」ことは、
 自分のまわりの形を整えて、形からイメージを作っていくことです。
 形からいろいろ準備していくと、
 自分の中にだんだん社会保険労務士のイメージができ上がっていきます。
 イメージが膨らんできますと「社会保険労務士像」が見え始めてきます。

 最後に
5.意識の取替え
  1)独立・自立・自律 とは
  2)自己を管理する
    @事業を管理する
    A予算と経費を管理する笑顔2d.jpg

    B時間を管理する

 ほとんどの方は、

 生まれてからずっとどこかで
 だれかに管理されてきました。
 ここで社会保険労務士を開業する
 というのは、
 この管理がなくなることなのです。
 これからはどこからも指示命令が
 来ません。
 だれからも管理されません。
 そこで、自分で自分を管理します。
 自分に指示命令をいたします。
 そうは言ってもこれまでずっと
 管理される側にあった者が、
 スイッチを切り替えるように管理する側へ移るのは至難の業です。
 このため「独立」して「自己を管理する」意識の取替え訓練を、
 ご自分でやっていただくことになります。

5月12日,第9回の開業実践塾を開催

5月12日に第9回の開業実践塾を開催いたしました。
このあとの講座は2ヶ月ちょっと先、7月21日の修了式になります。
だから第9回開業実践塾は就業規則作成前、最後の講座です。
1月13日の事務所見学からスタートし、ここまで9回開催いたしました。
受講生の皆さんには長いようで短かったと思います。

今回の提出課題のテーマは「就業規則作成のメリット」です。
みなさんには就業規則を作成してもらう前に、
「就業規則作成のメリット」を考えてもらいたいのです。
このテーマでいろいろ考え、各自がそれぞれのメリットを見つけ、
納得のいったところで就業規則を作成してもらおうという意図です。
このレポートを書き上げるまでは就業規則の作成に取り組めないのです。
受講生のみなさん、よろしくお願いいたします。

 

午後講座は岡村講師の「電子申請入門」でした。
社会保険労務士にとって電子申請は標準の申請になりつつあります。
でも電子申請のスタートには関門が2つあります。
これをいかにクリアしたらいいか、がテーマです。

 

体験談は木谷さんにお願いしました。
木谷さんは紙芝居プレゼンを披露してくれました。

B_7609.jpg

B_7674.jpg

B-7792.jpg

=4月28日、開業実践塾の8回目を開催=

4月28日、開業実践塾の8回目を開催しました。
会場の銀座 中小企業會館に着くとひっそりしています。
掲示板を見ると私たちの「開業実践塾」だけです。
エッ・・・・・はぁ〜そうか、
今日からゴールデンウイークが始まったんだ。
ああ、私たちはなんて真面目なんだろ!
というわけで、シーンとしているフロアを私たちが占領し、
ゆったりと講座を進めることができました。

今回の午前講座で
「就業規則作成の手引」を配布しました。
これは、そろそろ就業規則を作成するモードに入ろう
という気持ちになってもらうための誘導であり、
同時にある程度の作成ルールを示し、
みなさんに大きな枠の中で作ってもらうためです。

まず、どんな組織の就業規則を作るのか
業種・企業規模・所在地・従業員数など、
対象企業の概要を書き出してもらいます。
企業概要をつくると、
作成者の中には対象企業のイメージができあがります。
これが就業規則作成における最初のステップになります。

午後講座のテーマは「プレゼンテーション」
天野様から、伝えることの難しさ、大切さ、をお話しいただきました。

体験談は奥林さんにお願いしました。B_7439.jpg

B_7434.jpgB_7559.jpg

 

B_7492.jpg

 

=今年の13期の名前を付けました=

4月14日(土)に第7回講座を開きました。
今年の13期の名前を付けてくださいと
受講生にお願いしていましたが
13期の名前は「ひとみ会」と決まりました。
これまでの12の期にもそれぞれ名前が付いています。
名前をつけると仲間同志の結束力がより強くなるようです。


午前講座は「開業準備作業工程表」を作り
開業までのスケジュールをきちんと立てて
取り組む練習をいたしました。
午後講座は永山様から「給与計算」を勉強いたしました。
給与規程をきちんと作ることから始めなさい
と教えていただきました。
体験談は8期の伊藤さんにお願いいたしました。

IMG_7266b.jpgIMG_7279b.jpgIMG_7367b.jpg

3月24日、第6回 奥田開業実践塾がありました

3月24日、第6回 奥田開業実践塾がありました

私は前回3月10日の塾が終わったあたりから

花粉で猛烈に目が痒くなり、仕事が手につかない状態になりました。

今回の講座は赤く腫れぼったいまぶたでようやく乗り切ることができました。

次回までに花粉が収まっていることを切に願っております。

午後講座は成田講師に助成金をお話してもらいました。

体験談は小池克明さんからお話をうかがいました。

IMG_7054b.jpg

IMG_7124b.jpg







IMG_7189b.jpg

3月10日、第5回開業実践塾を開催しました

午前講座では
私傷病休職は組織維持の綻びにならないようしっかり繕うこと。
提出課題「事務所案内」は、お客様をナンパするツールだから、
強烈に印象が残るものを作ろうというお話
午後講座は永井康幸さんに
「憲法を起点として労働基準法へ、社会保険法へ、
 民法と労働基準法のことなるポイント」など
私たちが関与する法律を俯瞰的にお話ししていただきました。
佐藤さんの体験談は大変興味深いお話しで皆さん熱心に聴きました。
佐藤さん、笑顔がすてきな方ですね。

IMG_6932b.jpgIMG_6965b.jpg

IMG_6994b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月24日、第4回 開業実践塾を開催いたしました

IMG_6838b.jpg

IMG_6796b.jpg

 

 

 

IMG_6849b.jpg

2月24日、第4回 開業実践塾を開催いたしました。午前講座は皆さんから提出された力作の「開業挨拶状」にひとこと感想を添えました。就業規則は「労働時間で1年変形労働制の作り方・休日と休暇のちがいを意識すること・年次有給休暇の計画取得を積極的に使いたい」などをお話しました。午後の渡邉講師のテーマは「年金」です。老齢年金・障害年金から「iDeCo」などの基礎知識をお話していただきました。体験談は海宝さんにお願いしました。

1月27日に第2回 開業実践塾を開催しました。

前回は事務所見学だったので、
今回初めて銀座中小企業会館での講座です。

午前講座ではこの講座の概要をお話しし、
私と受講生がおたがいに自己紹介をいたしました。

午後はIT関連の装備につきまして
これからどんなものを揃えたらいいのかを
山本講師が詳しく解説してくれました。

体験談を8期生の田中葉子さんにお願いしました。
障害年金とのかかわりや介護について話してくれました。

体験談では、修了生がその後どんな活躍をしているのか
知ることができるので、私も楽しみに聴いています。

そのあとの懇親会では全員が参加して
大いに盛り上がりました。

IMG_6471b.jpgIMG_6479b.jpg

IMG_6491b.jpgIMG_6577b.jpg

13期 開業実践塾がスタートしました

今期は事務所見学からスタートしました。
最初に社会保険労務士事務所を見学して
具体的に社会保険労務士のイメージを
持ってもらいたいからです。
(1)  合同事務所
(2)  大型事務所
(3)  普通の個人事務所
タイプの異なる3つの事務所を見学いたしました。

受講生にはこれで一挙に事務所のイメージが入り
これから講師たちの話を聴くとき
話の内容がより具体的に理解できるようになります。

IMG_6385b.jpgIMG_6329b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6426b.jpg

 

 

 



 

=事務指定講習の取組み方を説明いたします=

奥田開業実践塾「土台固め講座」のあとIMG_5973b.jpg
「事務指定講習の取組み方」をご説明いたします。

来年の事務指定講習を受講される方のために
資料とともに「事務指定講習の取組み方」をご説明いたします。


「事務指定講習の取組み方」に参加されますと
・事務指定講習のイメージができます
・事務指定講習への気負いがなくなります
・事務指定講習にかける時間が半分以下になります

事務指定講習を受講される方はぜひご参加ください。

基礎講座のあと、任意参加でお願いいたします。

「土台固め講座」のお申込みは〔こちら〕から


9回目開業実践塾を開催いたしました

IMG_5176b.jpg
   12期9回目の開業実践塾が
 5月13日に終わりました。
 すでに1カ月近くが過ぎます。
  本当はもっと早く報告したかった
 のですが、写真を見失っていました。
 ファイルの名前を間違えていたのが
 行方不明の原因でした。
 でもようやく見つかり、アップできました。


 午前講座は「社会保険調査IMG_5234b.jpgの対応」
 「年度更新データの集計手順」など
 午後講座は岡本さんの「電子申請」入門、
 体験談は田中さんにお願いしました。


 IMG_5326b.jpg

 この講座が終わり、
 残すは修了式だけになりました。
 現在12期生は修了課題である
 就業規則の作成に挑んでいます。

 

 

 

8回目 開業実践塾を開催しました

IMG_4900b.jpg8回目開業実践塾を開催しました。
この通学講座はあと2回です。
GW明けの5月13日に9回目を行いますと
あとは7月8日の修了式で終わります。

この日午前の部で就業規則講座を
終了し、同時に修了課題
「就業規則の作成」に向けて
「就業規則作成の手引」を配布し、
作成にあたっての注意事項を
説明しました。

5月13日の講座終了から1カ月で
修了課題の就業規則を作成し提出してもらいます。

この日(4/22)午後は天野様のプレゼンテーション
をお聴きしました。
体験談は木谷さんのお話しを
うかがいました。

IMG_5003b.jpgIMG_5058b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

第7回開業実践塾

IMG_4830b.jpgIMG_4823b.jpgIMG_4773b.jpgIMG_4741b.jpg4月8日 
第7回開業実践塾 開催
就業規則は「定年」「退職」「解雇」を
労災の「8号-休業補償給付」
そして「任意継続の意義」など

午後は「給与計算」と「賞与計算」
体験談は嶋崎さんにお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3月11日(土) 第6回 開業実践塾

IMG_4392b.jpgIMG_4326b.jpg

IMG_4277b.jpg3月11日(土)
第5回講座は
ふたたび銀座へもどりました。
午前は奥田が担当、
午後は橿村さんに
労働契約法・他を
体験談は崎浦さんに
お願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

2月25日 開業実践塾 5回目

IMG_4149b.jpg2月25日(土)
開業実践塾の会場は、
日暮里のサニーホールでした。

午前は奥田、
午後は渡邉さんの年金
体験談は
柏谷さんにお願いしました。

講座会場を移して、
ちょっと新鮮な気分で
勉強することができました。

 

 

IMG_4188b.jpg

 

IMG_4251b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3回開業実践塾は事務所見学です

IMG_3933b.jpg

2月11日(土)
この日は祝日でしたが、
事務所見学を行いました。
成田さんの合同事務所とは
どんなものなのか

 


山本事務所で最新のIT化
モデルを見たことで、
やればここまでできること
を理解したと思います。
 

 


奥田事務所はごく普通の個人IMG_4010b.jpg
事務所です。ここを最後に
見学してこんなものかなと
思っていただければいいと
思います。

 


1日で3つの事務所を見学
するのはちょっと大変でした
が、みなさん最後まで熱心に
見学いたしました。

 

 

 

 IMG_4099b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2回講座を開催しました

IMG_3701b.jpg1月28日
奥田開業実践塾の第2回講座を開催しました
厚生労働省の「モデル就業規則」を編集して配布
これからこれをいろいろ料理していきます。

午後は申請実務でしたが、とても全部はできません。
申請する実務イメージが入ることを目的にします。

体験談を永井さんにお願いいたしました。

IMG_3788b.jpg

IMG_3815b.jpg

 







 

 

 

 

 

 

「11期受講生の声4」をお届けいたします

(3)★森田写真d.jpg 森田健志

 私は平成27年の社会保険労務士試験で合格しました。その

時は病院の事務職員として勤務していました。この仕事を続

けて定年後に開業するのか、退職して開業するのか、それと

も社会保険労務士事務所に転職するのか悩んでいました。

そのような時期に奥田先生から、開業実践塾の案内をいただ

きました。

塾生はどのような思いで参加するのか、実践塾から私の将来

へのヒントが得られるかではないかなどを考え、第11期奥田開業実践塾に参加しました。

私は通信生でしたが、事務所見学に参加させていただき、実際の事務所での業務を3か所確認できたことは非常に参考になりました。また毎回の講義で、OBのゲストスピーカ−から、「苦労はしているが、積極的に人に会うことで、道を切り開いている」という姿勢を確認できました。奥田先生が言っておられた「多くの人に会うこと」が非常に大切であることを認識できました。
 また「思いを形にする」というテーマを与えられ、 自分の歩んできた人生を振り返り、「自分はどのような社会保険労務士になりたいのか」ということを考える、良い機会となりました。
 私は今後、医療機関の事務職としての経験を活かし、障害年金や、患者さんの就労支援など医療にかかわる社会保険労務士を目指していきたいと考えています。ただ、その夢をいつ、どのようにして実現するのか、現在決めかねています。

しかし、同期生ですでに開業して頑張っておられる方が複数名おられ、非常に刺激を受ける毎日です。来るべき決断をする日まで、「多くの人に会うこと」と「自己研さん」を続けていこうと考えています。

奥田開業実践塾に参加して、非常に有意義でした。奥田先生、小杉先生、同期生の皆さま、お世話になりました、ありがとうございました。

「11期受講生の声2」をお届けいたします 

石井.png第11期開業実践塾を受講して      石井 晃宏

私は、2013年に合格、事務指定講習を経て、
2014年に「勤務その他」登録をしましたが、
@ 現職では社労士資格を活かせる場は限られている 
A 今のまま定年を迎えるイメージができない、
 等の理由で開業の選択肢を探っていました。
しかし漠然と「開業できればなあ・・・」と思っては
みたものの、私には総務・人事や社労士事務所での
実務経験がなく、開業に必要なノウハウ、事業運営
方法がわかりませんでした。

インターネットでいろいろと検索した結果、
A 日程、金銭的に問題がなかったこと
A静岡からでも通学できそうであったこと
B開講前のオリエンテーションを聞いて、自分の肌感覚にあっていたこと
 などが決め手になり受講することを決めました。

受講してみて、
@ 門分野講師陣からのレクチャーがあり、実務がイメージできた
A 実際の事務所見学ができた
B 経営者の心構えを学ぶことができた
C 開業挨拶状や目玉商品、就業規則作成などテーマ提出の都度、
   同期受講生全員のものを見ることができた
D 毎回、開業された先輩方の体験談が聞けたことで、開業への不
   安が払拭されていったことはとてもプラスになりました。

また、受講終了後には毎回懇親会が開催され、奥田先生や同期生、講師の先生方の貴重なお話を聞くことができたことも良かったと思いました。

開講当初は、開業するか否か、迷っていましたが、気が付けば修了式の7月には開業を決意し、10月には開業登録するまでに至っていました。
 開業を目指す方、迷われている方、興味がある方、奥田開業実践塾をおすすめします。

「奥田 開業実践塾」へ名前を変更いたします

=IDE開業実践塾 から 奥田-開業実践塾 へ=

これまで「IDE開業実践塾」で
11期、11年間 やってきましたが

来年の12期からは
「奥田 開業実践塾」と名前を変えて開催いたします。

いままで「IDE」を名乗っていたことで
「i.D.E.社労士塾」に問合せが殺到し
ご迷惑をおかけしていたことが分かり、陳謝いたしました。

12期からは「奥田 開業実践塾」で開催いたします。
改めてよろしくお願いいたします。

「奥田 開業実践塾の考え方」

 2 横顔(白).png「奥田-開業実践塾の考え方」
=0から1へのプロセス=

0というのは
「何もない、まったく知らない」ということです。
1というのはそのことについて
「経験がある、知っている」という意味です。

「何もない」から「経験がある」へ
「知らない」から「知っている」へ進むというのは、

例えば、初めてどこかを訪ねるとき
住所だけしか分からないと、
目的地をさがすのはすごく難しいことになります。
目的地への地図を持っていても
すんなりたどり着くことができればラッキーでしょう。
たいていは迷ったり、行き過ぎたり、
だれかに道を聞いたりしてたどり着くものだと思います。
これが0からスタートしてなんとか1になったプロセスです。

でも2回目に訪ねるときは、
すでに訪問したと言う経験があります。
周辺の景色を憶えています。訪問先の建物を憶えています。
つまりイメージができています。
すでに1ができているから、2は簡単なのです。

なにか初めてのことをするときに
手掛かりやヒントがまったくないと、
どこから、なにから、手をつけたらいいのか分かりません。
社会保険労務士に会ったことも、見たこともない人にとって
社会保険労務士というのは漠然としていて
なにをどうしたらいいのかまったく分からないと思います。

奥田-開業実践塾はみなさんに
「社会保険労務士」を知るためのヒントをお出しします。
「社会保険労務士」へどこから入るかの入り口を提示いたします。

「社会保険労務士」は何をすべきか眺めましょう。
こうして皆さんを0から0.5へご案内いたします。
0.5から1へは、皆さんご自身で歩んでください。

-------------------------------------------------
ただいま、奥田-開業実践塾では
13期「基礎講座」への参加お申込みを受ております
お申込みは(こちらへ

希望日とお名前をお送りください
奥田 博(okuda@okuda-office.com

関連リンク先です↓
http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureplatz/
https://www.facebook.com/okuda.hiroshi1

「奥田-開業実践塾の考え方 2」

 1 笑顔.png =最初にイメージを作ろう=

何かを始めるとき、
そのことのイメージがあるかないかで、
理解し、把握するスピードが大きく変わります。

スポーツ選手はイメージトレーニングを大切にしています。
そのわけは、イメージが出来上がるということは
 やり方がほぼ理解できたということだからです。
 選手は次に、そのイメージを抱きながら
 ひたすらにトレーニングを行います。
そしてイメージどおりに出来なければ、
なぜ出来ないのか、どこが違うのかを
 コーチと一緒に調整して行きます。
ときにはイメージの修正も必要になるでしょう。
いずれにしろ、最初にイメージがあってこそ、
 初めてトレーニングが成り立つのです。

社会保険労務士勉強の最終目標(イメージ)は
「合格」という一点でした。
でも「社会保険労務士になる」ためのイメージは「面」です。
 「社会保険労務士」という言葉はひと言ですが、
ひと言の中身は大きな広がりを含んでいます。

また、イメージというのは「こういうものだ」と言われたとき
 こちらが「そうなんですか」と言ってみても
両者が決して同じものをイメージすることはありません。

奥田開業実践塾では
 みなさんがイメージを作って行くヒントを差し上げます。
 少しづつ提示して行きます。
これらが0から0.5への入り口です。
 皆さんはこれらのヒントから
 ご自分のイメージを描いてください。
そうして
 ご自分の社会保険労務士像を作り上げて行ってください。
これが0.5から1への実践作業です。

-------------------------------------------------
ただいま、奥田-開業実践塾では
「基礎講座」の参加お申込みを受ております
日程:
  11月18日 13:30〜
  12月 2日 13:30〜
 

お申込みは「お申込」欄へ「希望日とお名前」をお送りください

関連リンク先です↓
https://www.facebook.com/okuda.hiroshi1
https://www.facebook.com/kaigyoujuku

奥田-開業実践塾 Q&A

Q1 社会保険労務士について何も知らないので不安です。

【奥田】

 不安は合格された方が必ず持たれるもので、持つのが自然です。

 不安は、「社会保険労務士を知らない」から生まれます。

 開業実践塾ではこの不安を取るために

 「皆さんが自分で」開業準備をして行きます。

 

 

Q2 私は総務の仕事や社労士事務所の経験がありませんが、 

   なくても本講座を受講すれば、開業できるのでしょうか。

【奥田】

 毎回、受講生の半数以上は社会保険労務士事務所での業務経験がない方

 会社で人事総務関係の業務をしたことのない方です。

 当塾は、

 これまで人事総務関係の業務をしたことがない方を対象に

 知識がゼロのところからスタートし、開業を目指して

 開業に必要なものをひとつひとつ

 「自分で」準備して行く開業実践塾です。

 

 開業実践塾という名前は、私どもが教えるだけでなく、

 みなさんが自ら作って準備していくという意味です。

 最初は何も分からなかった人でも、講座が終るころには、

 社会保険労務士への不安がなくなり、

 皆さん開業後のイメージを持つことができています。

 

 この「トップページ」と「奥田-開業実践塾」メニューで紹介した

 「受講生の声」をご一読ください

 そして、オリエンテーションにご参加ください

 

 

Q3 まず社会保険労務士事務所へ就職して

   数年勉強したいと思うのですがどうでしょうか

【奥田】

 必要ありません

 社会保険労務士事務所で「事務職員」の勉強をして

 事務手続きの経験を積まれても、

 それは「社会保険労務士」になる勉強ではありません。

 社会保険労務士は事業家であり経営者です。

 開業実践塾で、事業家・経営者の訓練をしてください。

 

 

Q4 どうしたら社会保険労務士で食べられるようになりますか

【奥田】

 社会保険労務士になろうかどうかを迷うのではなく、

 社会保険労務士へどっぷりつかる!と決断し、ぜったいにこれで食べていく!

 という覚悟を持って努力をすれば食べられます。

 

 

Q5 営業方法を教えてくれますか

【奥田】

 万人に向いた営業方法というのはありません。

 言えることは、理屈や理由を言わないでたくさんの人に会いましょう。

 会って

 ●「社会保険労務士になった自分を知ってもらうこと」と

 ●「みなさんのお役に立ちたいこと」 を伝えて

 ●「お客様から信頼を得る」

 信頼関係ができあがれば向こうから仕事がやってきます。

 

 開業実践塾では「自分と仕事を知ってもらう方法」を、

 手順を追って皆で一緒に考え、自分で作って行きます。

 そして自分の営業方法を確立します。

 

 

Q6 開業場所は都心がいいでしょうか、

   会社の集まっているところがいいでしょうか

【奥田】

 事務所の場所は基本的に問いません。

 仕事のエリアもありません、日本全国どこの客もOKです。

 自分の近くに客がかたまっていれば、効率がいいですが

 いま、現実にそういうことはあまりないと思いますので、

 自分が仕事のしやすい場所、便利な場所を選ぶのがいいでしょう。

 

 

Q7 貴塾へ通うのにパソコンのアドレスは必須ですか?

【奥田】

 はい、必ずパソコンを使ってください。

 そしてパソコン用メールアドレスを持ってください。

 奥田-開業実践塾では、メールを連絡に使うだけでなく、

 ファイルを添付してやりとりをしますので、

 パソコンとパソコンのメールアドレスがないと、やりとりができません。

 よろしくお願いいたします。

 

 

Q8 すっかり受験時代の知識が乏しくなってしまいましたが、

   講座への参加前に復習をした方がいいですか?IMG_0280HP2.jpg

【奥田】

  さしあたり復習は必要ありません。

  受験勉強の内容は私たちにとって材料です。

  基本的な知識が必要なときに受験テキストを

  見直せば充分です。

  私たちに必要なのは材料を加工して

  料理/商品にすることです。

  開業実践塾でその練習をします。

 

Q9 講座に通学したいのですが、病気などで休んだときはどうなりますか

【奥田】

  お休みされたときは、通信の方と同じように資料+CDをお送りいたします

 

 


当塾は 開業【実践】塾 と名乗ります

当塾は 開業【実践】塾 と名乗ります

セミナーは、
講師がレジュメ・テキストに沿って説明をし、
受講者はそれを聴いて理解する、
という形式が一般的です。

受講者は講師の解説・説明を聴いて
「なるほど、そうなのか」と理解し、納得します。
しかし、
説明を聴いて理解しただけだと、
その内容はまだ自分の中には入りません。
自分でそれをやるまでは、イメージでしかありません。

イメージを自分のものにするには
実際に自分でやってみる必要があります。
そして、説明されたことを実際にやってみると、
必ずしも説明どおりにならないことがあります。
または、新たな疑問が生まれることがあります。

「聴いて理解する」ことと「実際にやってみる」ことでは
大きな違いのあること分かります。

実際に自分でやってみて
実感することはとても大切です。

「聴いて理解する」だけでは自分の身に付きません。
「実際にやってみる」ことで、
初めて自分の血となり肉となります。
これが開業実践塾という看板の意味です。

自分で自分を社会保険労務士に仕立てる

 3 横顔(青).png=自分で自分を社会保険労務士に仕立てる=


運転免許を取ったときのことを憶えていますか。
このときの気持ちは、
社会保険労務士に合格したときの気持ちとよく似ています。

「これで道路を走ってもいいですよ」というのが運転免許証。
社会保険労務士の合格は
「社会保険労務士を開業してもいいですよ」という許可証です。

運転免許証を貰っても、
それで他の車のように道路を走る自信はありません。
むしろ、まわりに迷惑をかけないか、
事故を起こさないかという不安が大きいものです。
社会保険労務士の合格では、
開業したらどうすればいいのかという不安がよぎります。

自信がないからと言って車を運転しなければ、
道路を走ることができません。
私は初めのうち、
運転がベテランの友人にときどき隣りに座ってもらい、
車が少ない夜などに街中を走って練習しました。
そのとき、走行中のふらつきを注意され、
赤信号交差点へ止まるまでの近づき方、
走行中の前後左右の車との位置関係に気を遣うこと、
パンクしたときのタイヤ交換など、
教習所では教わらないことを教えてもらいました。

知識は資料をさがせばある程度得ることができます。
でも社会保険労務士として、
どのように考え、どのように行動するかを、
何もない状態から築きあげるとしたら、
経験を積み上げるしかありません。
おそらく何年間という時間を必要とするでしょう。

社会保険労務士に合格したときにも、
自動車運転での友人のアドバイスのような、
そういう機会があったらいいのにと思いました。
これが奥田-開業実践塾を開こうと思ったきっかけです。
奥田-開業実践塾は、社会保険労務士として
どのように考え、行動するかの事例を提供いたします。
そしてこの事例を各自が咀嚼し、自ら試してみる場所です。
だから「自分で自分を社会保険労務士に仕立てる塾」です。

=第11期 IDE開業実践塾 修了式=

=第11期 IDE開業実践塾 修了式=

7月23日 第11期 IDE開業実践塾 修了式を行いました。

就業規則のポイント復習と

就業規則のプレゼンのワークショップ

11期全体の振り返りを行ない  

そして、修了証書の授与で締めくくりました。

これにて第11期 修了です!IMG_2739b.jpg

IMG_2590b.jpg

IMG_2664b.jpgIMG_2680b.jpg

=今年合格された方、事務指定講習受けますか?=

=今年合格された方、事務指定講習受けますか?=

社会保険労務士を開業するためには
「実務経験2年以上あること」という条件がありますね。
この条件をクリアできる方は、

★★できるだけ会社から証明書をもらいましょう★★

証明書を貰う資格があるのに、貰わない人がいますが
!!それは講習を受ける費用と労力の無駄です!!!

 

修了生 ホームページ リスト

修了生はこれまで216人です

このうちおよそ60%が開業しています。

開業している者のうち、74人がホームページを開いています。

氏名 ホームペーシアドレス
石井清香  http://www.law-isishii.com/
遠藤憲治  http://www.asahi-sr.biz/
大塚隆裕  www.k5.dion.ne.jp/~otsukasr/
關 俊彦  www.fukurou-js.jp/
高木 紀光  www.ab.auone-net.jp/~takagi/
田中千恵子  www.tanaka-sr-office.com/ 
蛭海直隆    www.hirumi.biz/ 
大庭敏也 ooba-office.com/about.php
小田瑞穂 http://lasta-school.jp/
川村景一 kawamura-sr.jp/
北井精一 kitaijimusho.blog84.fc2.com/
小嶋裕司 festinalentesr.jp/
辻本元彦 www.sr-shizuoka.or.jp/special/22070039.html
永井康幸 www.nagaiy-sr.jp/
藤倉靖浩 www.fujikura-sr.com/annai.htm
北條 靖 www.hojo-sr.jp/
増子雄一 www.masuko-office.jp/article/13311302.html
吉井章子 http://www.syougainenkin-support.com/
青木浩之  http://www.aoki-sr.com/index.html
飯田真一 iida-office.net/
今西昭一 http://www.srup21.or.jp/member_view.php?no=249
老松範子 http://kyotoroumu.jp
小倉絵里  http://www.sr-e-office.biz/
加藤賢一  http://www.roudouhoken.net/
金島伸吉 ameblo.jp/kaneshima-romu/ -
上志暁子 http://www.akatsuki-sr.com/index.html
高野純子 http://www.office-takano.jp/ 
藤多正明 fujita-sr.com/office.html
宮岡恵美 www.onno-sr.jp/
池内恵介 www.waseda-hm.com/
君島広樹 http://www.kimi-sr-mibu.com/
小林千晃 www.kobayashi-sr.biz/pc/contents23.html
高田綾子 http://srtakada.client.jp/index.html
西田隆子 http://www.nishida-support.jp/
西村静代 http://www5.ocn.ne.jp/~sharoegg/701.html
長谷川正富  http://www.sr-hasegawa.jp
小池克昌 www.koike-sharousi.jp/category/1463254.html
寺尾嘉代 http://profile.ameba.jp/happycat-terao/
西島 徹 www.nishijima-sr.com/
橋本 誠 www.hito-risk-management.com/ -
三輪公二 http://www.srup21.or.jp/index.html
山口栄一  http://www.yamaguchi-sr-jimusho.com/
加藤之敬  http://katoroumu.jp/
嶋崎博章 http://sil-con.jp/
白砂立志 www.sr-shirasuna.jp/category/1476931.html
菅原みゆき http://www.miyuki-sharoushi.com/
助川 馨 http://www.sukegawa-office.com/index.php?FrontPage
中島隆史 http://ponkotsu34naha.ti-da.net/c145494.html
中曽根 晃 http://www.nakasone-sr.jp/
南波 直 www.nanba-sr.jp/ 
濱村友和 www.storemanager-factory.com/profile.html
福本秀樹 www.fukumoto-sr.com/
前田忠宏 http://srtmaeda2013.jimdo.com/
青木光江 http://sr-roumu-aoki.com/profile/
岡村俊彦 http://www.oksrplus.com/
ア浦ひろ子 http://sakiura-sr.info/
篠田恭子 k4-da.net/
村田寛次 http://www.mkitc.com/
吉原 徹  http://www.sr-senryaku.com/office.html
江頭洋之 http://office-eto.jimdo.com/
大城悦コ www.office-oogi.jp/
岡本武臣 okamoto-silc.com/jimu.html
久保郁夫 www.kubo-sr-office.jp/
河野伸彦 www.b-mall.ne.jp
田中葉子 www.ytanaka-sr.jp/
塚原祐輔 www.sr-info.com/office/detail/660
廣部知樹 http://ameblo.jp/sakura-ki-sr/entry-11615137961.html
星野穣治 www.sr-hoshino.net/
山内秀男 ask-office.com/profile
岩瀬昌子 iwase-sr.com/
金丸 宏 www.kanamaru-sr.com/
松本奉幸 www.gin-kai.com/
和田徹也 syarousi.hirogarujiga.com/