2017年11月10日

12期(2017年) 受講生の声 2

01   笹尾・写真.png奥田開業実践塾を振り返って

                 笹尾訓收

私は、残りの人生を国家資格で活躍しようという強い気持ちから社労士試験に挑みました。そして合格後は独立開業しようと決めていました。とは言うものの人事、総務、給与計算等の実務経験が一切なく、あると言えば労働組合活動くらいでしたので、独立開業を指南してもらえる講座を合格直後から探していました。

そんな折、IDE社労士塾のホームページで奥田開業実践塾の存在を知りました。私が参加する決め手となったのは、事前説明会に出席して「これは単なる座学ではないな」と感じられたからです。

午前の講座は奥田先生が担当し、午後の講座は毎回異なる講師の先生が担当、更に別の先生の開業秘話があり、講座終了後は講師の先生方を交えた懇親会もある。これこそが私が求めていた開業実践塾でした。

様々な背景を持つ人々との接触ほど刺激を受け勉強になることはありません。奥田塾では同じような志を持つ者同士が、常に切磋琢磨し合いながらもわきあいあいとし、講座終了後の今日でも付き合いがあります。

講座の内容で私が気に入った点を記します。

その一つは事務所見学の日が1日設けられていることです。合同事務所、中規模の社労士法人事務所そして個人事務所と、タイプの異なる複数の事務所を見学し、そこの代表者からお話を伺える機会に恵まれたことでした。

二つ目は毎回提出課題があることです。その課題に対するレポートを決められた期限までに提出した後、奥田先生の講評とともに全ての人に全員のものが開示されるという点です。これによりAさんはどのようにし、Bさんはどう考えたかが判り、大変勉強になったのでした。

三つ目は毎回先生のオススメの本の紹介があり、これも非常に参考になるものでした。奥田塾では毎回何かしらの新しい発見があったのがおおきな収穫でした。

最後にできれば改善していただきたいことを申しますと、毎回休憩がありましたが、ほとんどが5分でした。5分間の休憩時間は私のような喫煙者には短すぎたのが難点でした。できれば10分欲しいですね。

「トップページ」へ

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15821721
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)